AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
友人達のメロディー
<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
大きな 大きな 価値ある勝利
◎日曜日のホームゲーム。しかも天候の影響を受けないドーム。
◎大スポンサーであるJR北海道のサンクスマッチ。
◎観客数は今季最高で、18,000人を超える。(招待客も入れると20,000人以上かな)
◎地上波(HBC)でも放送。しかも解説が野々村。
◎相手は3連敗中の絶不調。
◎こっちは8試合負けなし
◎勝てば首位。しかも相手に相当なダメージを与えられる。
◎相手はレギュラークラスの二人が出場停止。

と、戦前でも パッと考えただけで これだけの不利な条件が揃っていました。
この5年間を考えると、完全な負けパターンです。
これは とてつもなく大きな問題です。
こう思ってしまうこと自体が。

どれもこれも、普通は「とっても有利な条件」なのに、それがすべて「悪い記憶」となって 僕たちの五感に刷り込まれているのです。
そして あらゆる場面で積み重ねられた「悪い記憶」は、試合に臨む際には「悪い予感」となってモワモワと頭の中に浮かび上がり、 しかも ついにはそれが現実化されてしまう。
なんてことの繰り返しでは、そりゃあ観客数も落ちますよね。

ところが今期になって、ひとつひとつ「悪い記憶」が消去され始めました。
◎ホーム開幕戦では勝てない。
◎四国では勝てない。
◎笠松では勝てない。
◎先制しても 一点返されるとグダグダになって、逆転されてしまう。
◎「この三連戦で何とか1勝2分け」なんて星勘定をすると、大体「2敗1分け」くらいになる。

これが そうじゃなくなって来ました。ホーム開幕で勝ち、四国で勝ち、笠松で勝ち、負けパターンの試合でも引き分けたり勝っちゃったり、「何とか頑張ってドローで」という試合では本当に頑張ってドローに持ち込んだり。



「悪い記憶」は 一方で「悪いジンクス」として脳裏に焼き付き、僕たちをコンサから遠ざけようとします。僕らのように諦めの悪い 執念深い 逆境に強い人種(言い方を変えると、ある意味 チョット残念な組合員みたいな人)ならばともかく、修行のなっていない一般人ならば、簡単にどっかに行ってしまいます。

その「悪い記憶」を消すという作業。とてつもなく地道で、計り知れないほど困難な作業です。が、これをやらなければクラブの浮上はあり得ません。

4/22のヴェルディ戦は、それを一挙にやってしまうことができるチャンスでした。
冒頭に書きましたが、僕たちの「悪い記憶」がテンコ盛りで、完全な “負けパターン” なんですから。
で、実際に試合が始まって その内容を見ても、

◎先制して追加点を奪うも、その後 相手の思惑通りに点を獲られ、ついには同点。
◎抑えるべき選手を抑え切れない。(フッキは抑えたけど、船越・ゼ ルイス・金澤には負けっ放し)
◎曽田が貧乏クジを引く。
◎インチキPKとは言え、フッキに得点される。

と、これもやはり相当に「悪い記憶」が蘇る出来事が満載。「悪い予感」の大発生です。

それでも結果は、勝利!
数々の“不利な条件”を乗り越えての 大きな勝利。

これでサポーターも選手も、「悪い記憶」を忘れ、「悪い予感」を抱きながら闘うこともなくなります。もちろんたった一回のことではありますが、ジンクスをジンクスでなくする為には そのたった一回で充分なのです。
これから選手は、サポーターの大声援を自信を持って自分たちの力に変えられるでしょう。
僕たちも思う存分応援できます。「どうせ応援に行っても負けるからなあ」と言いながらスタジアムに行くのをやめていた人達も、また足を運んでくれるかもしれません。
それは とてもとても大きなことです。


このまま ことが順調に運んで J1昇格(復帰)が成就したならば、この試合はターニング・ポイントとして語られるものになるでしょう。



更にこの試合の価値を高めてくれたのは、言うまでも無く、家本政明です。
(あと、彼を認めているJFAとJリーグも)

「自分に勝ち、相手に勝ち、そしてレフリーに勝つ」

そうすることで、初めて今のJリーグを勝ち抜くことができるのです。
ヴェルディに勝つだけでは、本当の意味で勝った事にはなりません。
ヴェルディに勝ったくらいでは、本当に強くなったとは言えないのです。

「家本に勝った」

これでこそ、コンサドーレが昇格へ向けた闘いのスタートラインに立てたことになるのです。
もしも4/22の主審が家本ではなかったら、僕たちは 大きな課題をクリアできず、問題を抱え 不安な気持ちのまま リーグ戦を闘い続けなければなりませんでした。
しかしお陰さまで それもクリアすることができました。もう恐いものはありません。
安心して、自信を持って前に進むことができます。


だから、ありがとう 家本。
サンキュー 家本。
そして、 グッバイ 家本。
[PR]
by janometei | 2007-04-25 00:31 | 蛇乃目亭notes
ついに!



祝、初勝利! ・・・かな?
































     こいつから
d0018664_23132396.jpg












本日撮った 唯一の写真です

データが無いので分かりませんが。
誰か知りませんか?
[PR]
by janometei | 2007-04-22 23:18 | 蛇乃目亭notes
よくある話し
4月に入って、北海道新聞の日曜版が変わりました。
名前も「日曜版」から「日曜navi」と変わり、連載マンガも変わりました。
新連載のマンガは『動物キャラバン』。作者は、いがらしゆみこ。
そう。そうです。あの いがらしゆみこ です。
『キャンディキャンディ』で有名な あの いがらしゆみこです。

有名なのは、裁判沙汰になるような行為も有名です。
何年か前に、北海道新聞社が主催した原画展での即売会も問題になりました。
確か『キャンディキャンディ』の原作者が許可していないのに、即売会をやったとかいう。
しかも主催者の道新が、原作者に「即売会はしない」と事前に約束していたのにも関わらず。
「あれはキャンディの原画ではない。“少女の絵”だ。どこにもキャンディとは書いてない」
とか言って。
(↑パチモン業者やヤクザの言い分だろ、そりゃ)

そんな道新といがらしゆみこが組みました。
見る気もしないのですが、でもマンガだとどうしても見てしまうんですよねえ。
結果、つまんなくても。
下衆な性格なもので、つい裏舞台を想像しながら。

その前に、『道新』をとってるのもどうよ?とも思うんですけどねえ、自分でも。
今の職場の先生にも「え?お前が道新とってるの?ええっ!?信じられねえ!」と驚かれたことがあります。
前の職業柄、折り込み広告を見たいのと、地元の小ネタがあるのとで選んだだけなんですが。
内容で選んだら『日経』か『毎日』にしますよ。ウチの先生も「それなら分かる」そうですし。

新聞、替えようかなあ?
ただなあ、朝一でコンサネタを読めるのは大事だからなあ。
[PR]
by janometei | 2007-04-18 23:39 | 蛇乃目亭notes
どうやら
今年は人が代わったようです。


「曽田」の。



一部の人間は知っていることですが、人々から「曽田」「ソダン」と呼ばれ、
けなされ ののしられ 励まされ そして愛されているキャラクター。
実はその中には、“人”が入っています。
ガチャピンや電線マンやドーレ君なんかと同じように。

いや、ゴメンナサイ。
「ガチャピンはガチャピンだい!“人”なんか入ってないやい!」
「電線マンは、遥か遠いニューギニアの火力発電所から来たんだいっ!」
「ドーレ君は、ドーレ君は・・・ドーレ君は・・・・・・」
という よい子の皆さんには 聞きたくない話しだったかもしれません。

世の中には知らない方が幸せなことが たくさんあります。
大人になれば誰だってわかること。
僕だって 子供だったら、「ソダはソダ」だと言い張るでしょう。
しかし悲しいかな事実は一つ。
40歳にもなって そんなことは口にはできません。
現実を見なくてはいけないのです。



春は人事異動の季節。
年度替わりの4月だったり、流通業界では3月だったり、5/21だったり。
TVやラジオの番組改編もあります。
北海道では、冬の間 内地に出稼ぎに行っていた人たちが帰って来たりもします。
色々と世の中が変わる中、「曽田」の “中の人”が代わるのも不思議ではありません。


シーズン当初から怪しいとは思ってたんですよねえ。
あまりにもオカシイですも。
でも、昨日のヒールシュートで確信しましたよ。多いでしょうね、そんな人。


4/22は その辺もしっかり確認したいと思います。


あと HFCへの要望ですが、次の「曽田」を決めるときは、全員で体を張って必死に奪い取ったボールを さりげなく相手にパスするのが好きな人はやめて下さい。
お願いします。
[PR]
by janometei | 2007-04-16 23:41 | 蛇乃目亭notes
す、すごい
笠松で2-0の勝利。
何で勝てたんだ?誰もがそんな印象を持つような試合内容だったのに。
去年までなら0-2で負けていて、おまけに一人くらい退場になってるような内容。

去年と比べると、「完封」ということに関しては、理屈で考えても合理性があります。
でも、2点獲ったということに関しては どうにも分かりません。

いや、わかるんですよ。わかるんですけど、わかんない。

言えるのは、「昇格するのは、こういう試合で勝つことができるチーム」だということ。



そうか、強くなっているのか。
そういうことなのか。
「巧くなって、弱くなった」とは、去年のチームを指して色んな人が口にし、僕も口にした言葉。
今年は、仮に巧くならなくても、強くなればイイ。



TVではわからないこと。
DFはどういう感じでブロックを作り、どう動いているのか?
GKのポジショニングやコーチングはどうなのか?
監督やコーチの声は?身振り手振りは?
サポーターの反応は?チームの一体感は?
本当にこのチームは強くなっているのか?

色々確かめに、この身で肌で感じるために、純粋に楽しむために、
そして おらがチームを応援するために、
次節の対東京V戦、スタジアムに行きます。僕の開幕戦です。
決して名波や服部を見に行くのではありません。
[PR]
by janometei | 2007-04-15 22:52 | 蛇乃目亭notes
ツイてるかも
なかなか面白い試合でした。前後半でこれほど違うとはビックリしながらも。

今日は前半で電池が切れてしまいましたね。チーム全体が。藤田だけはキレキレだったのは、やはり若さなのでしょうか。今は闘い方や役割分担がハッキリしている分、特徴を活かしやすいのかな?あれで自分で強いシュートが打てれば、代表も見えて来ますね。見直しました。


気になる点は二つ。
まず、先にも書きましたが、早い時間帯での電池切れ。
さすがに疲れが溜まってきているのか、途中で もの凄い分かりやすさで運動量が落ちてしまいました。これでは水曜と日曜の試合がチト心配。
この闘い方用の体力(ペース配分含めて)が身に付くまでは もう少し時間が掛かるのかもしれませんね。

もうひとつ。特に後半なんですが、攻撃時に中へ中へと入っていったこと。
前節までは、ロングボール以外は、中のボールを外に開いての攻撃が多かったように思います。それがリスク回避にもなってましたし。
が、どういうワケか今日は中へ入って行って、パス交換やドリブルで仕掛ける場面が結構ありました。見ていてワクワクするのですけれども、上手くいかないと 当然相手に引っ掛かってカウンターを食らってしまいます。リズムも崩れます。何度もそういう場面がありました。
リードしている場面で相手が全員前を目指している状況でも、中央突破→玉砕→カウンター。
これはチーム戦術としてそういう方針だったのか、それとも選手の判断が悪かったのか、スタジアムの雰囲気で 選手が燃えて そうなったのか。

「気になる」というのは、中への攻撃がイイとか悪いとかいうのではありません。「何故そうしたのか?」ということです。(好き嫌いで言ったら そりゃ当然好きに決まってますヨ)
これを色々想像するのが また楽しいんですね。


そんなこんなで1-1ドロー。
今の仙台にアウェイでドローなら全然オッケーでしょう。特に後半の攻められっぷりからすると、負けなくてラッキーです。ポストにも救われましたし。前半の仙台のゴールが認められなかったのも よく分からないし。オフサイドとは思えないんですけどねえ。分かりやすい角度のVTRが無かったので何とも言えないんですけど。
とにかくラッキー。ツイてるかも。
運と審判を味方に付けると、こりゃ強いですよ。


とりあえず選手の皆さんには、ゆっくりゆっくり休んでいただきたいです。
練習も程よく力を抜きながら。
西谷の出番かな、それは。
[PR]
by janometei | 2007-04-08 21:30 | 蛇乃目亭notes
それぞれの自分
昨日の土曜日は、家に帰ってからの過ごし方が今までとは変わってしまいました。
まず『ウルトラマンメビウス』が終わってしまったこと。そして、コンサの試合が無いこと。

代わりにと言っては何ですが、レッズvsジュビロの試合を観てました。後半10分くらいから。
感想は、「レッズって、こんなにつまんなかったっけ?」と「ジュビロって、随分いいサッカーに戻って来たなあ」 の二つ。

ジュビロは あの2000年~2001年頃の魅惑的なサッカーには及ばないものの、なかなかなモンでしたね。あとは決めるだけって感じで。
翻ってレッズ。どーしたんでしょ?優勝した去年は、基本的にカウンターチームだった割には そこそこ楽めるサッカーだったと思ったのに・・・。ただ決めただけって感じで。

と、ここまでは “いちサッカーファン” としての自分。
ここからは、おらがチームであるコンサドーレの “いちサポーター” としての自分。



先週の土曜日は、メビウスにも感動しましたが、もちろんコンサにも感動しました。
今のところ 今期のベスト・バウトでしたね。
攻撃の部分も 去年までの蓄積が活かされてきたような印象がありますし、守備に関しては かなりの進歩が。ブルーノが相変わらず思ったよりもアレですが、でもそんなに悪いワケでもないし、チーム全体として守れてきているのが素人目にも分かります。

チームの雰囲気が良いのは、ゴールを決めた時の全員の喜びようからも想像できます。
三浦さん、やりますねえ。(松井さんや三浦コーチも含めて、ね)
ただ、会見ではなるべくわかりやすい言葉でお願いします。

「オーガナイズされたゲーム」って何だ?
「オーガナイズ? ん? オーガナイズって・・・・“無農薬”か?無農薬なゲームって何だ?体にイイのか? どっちかと言えば体に悪いゲームだったと思うんだけど・・・」

などと、本当に考えてしまいましたよ。ちょっとのあいだ。
「組織的にチームが機能した」とか何とか言って下さい。サッカー観たあとで辞書を開くことになるとは思ってもみませんでした。
ひとつヨロシクお願いいたしますm(__)m


そんなこんなで、はたから見るとつまらないサッカーでも、今はこれでオッケー。
勝つことでチームが成長する時期なのは、ここまでみても明らかですし。

感覚的には、天皇杯で頑張った分 出遅れたチーム作りが、この一ヶ月で実戦を通して行なわれたようなものでしょうか。言い換えると、今は合宿中で 今日からの3試合が合宿の仕上げ、みたいな。

16:00キックオフ。勝てば首位。
今度は一日天下ではなく、少なくとも三日天下。
頑張ってくれよ!
[PR]
by janometei | 2007-04-08 12:34 | 蛇乃目亭notes
ぐすっっ (T_T)
昨日のその時間は やはり仕事をしていました。
しかもありがたいことに お客さん山盛りで ものスゴイ忙しくて。
ですから当然家に帰ってからビデオで観ました。



涙が出ました。不覚にも。



何て言うか、「ど直球」なのですが、
その直球が僕の胸に響いて来ましたよ。
“感動”とはこういうものなのでしょう。



昼間、一所懸命に頑張った甲斐がありました。
自分も頑張ったからこそ、感動も増幅されるのでしょう。
最高のご褒美でした。



必死に戦った末の勝利。



ありがとう、今日お店に来てくれたお客さん。



ありがとう、闘ったメンバーのみんな。



そして、ありがとう、















ウルトラマン・メビウス!



(傑作と呼ぶに相応しいシリーズの、最終回でした(T_T) )
[PR]
by janometei | 2007-04-01 18:46 | 蛇乃目亭notes