AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
法律なんて ら~らら
先週、突然冷蔵庫が壊れてしまいました。
ここのところ洗濯機とボイラーとストーブがイマイチ調子が良くなく、騙し騙し使いながらも
いつ壊れるのかとビクビクしていたら、全然違うヤツが壊れちゃいました。
8年ほど前に友人の使い古しを貰ったものなので、まあ、いートコでしょうかね。

で、中古で探してはみたのですが どれもよさげなのは無く、結局ヤマダ電機で買いました。
冷蔵庫なんてマジメにみたのは生まれて初めて。
まあまあまあ、色んなのがあるんですねえ。
デザインもカラーも大きさも機能も、想像だにしなかったようなものばかりが
ズラ~~~~っと(←殿馬?)並んでいて、かなり驚きました。
PCやオーディオ関係ならば たとえ超最新機種であろうとも 全く驚きなんかしないのですが、
守備範囲外のものだと、まんず、ビックらこきますわ。

一番驚いたのは、冷蔵庫なのに、前面に何やらいっぱいスイッチやらボタンがあって、
デジタル表示の画面があって、それでもって何かできそうなものがあるのですよ。
「このスイッチを押すと、冷蔵庫自体がロケットになっていて、空へ飛び出すんじゃないか?」
などと ルパン三世みたいなことを想像したり、
「もしかして、冷蔵庫の中に食材を入れておいて、スイッチを押すと、勝手に料理を作ってくれるのではないのか?」
などと トムとジェリーの真ん中のやつみたいなことを想像したりしてました。
実際のところは何だったのでしょう?
値段を見ただけで 恐くてその場から離れてしまったもので・・・。

もひとつ驚いたのが、噂には聞いていたリサイクル料金。
せっかく「225リットル・¥34,500」という見事な買い物をしたはずなのに、
リサイクル料金で¥4,830も獲られちゃあ・・・・。
つまんねえ法律作りやがって。
不法投棄したくなる気持ちがわかりますよ。っんとに。
[PR]
by janometei | 2007-01-31 22:52 | 蛇乃目亭notes
(備忘録)
何とか職場の引越しが一段落。
明日からは 新しい場所での施術開始。気分一新で嬉しいです。

この数日間は、引越しにともなって 体を使う単純作業が色々ありました。
荷物の梱包・それを台車に乗っけて街中を移動・キャビネット等のオフィス家具も移動・備品の撤去・施術室のカーテンレールの撤去&移動先での設置・室内の清掃 等々。
台車引っ張って 荷物持って 電動ドリル使って 云々 何て事をやっていると、何だかまるで2年前までとやっていることが変わらないような気がしてきましたね。2年前も今も どちらも本業とは別に 副業(?)として必要に迫られてやるような感じなんですが。

ただ、決して嫌いなワケではなく、むしろ好きな作業だったりしますので、肉体的には多少疲れがあっても、精神的にはとっても楽で、実に楽しい時間でした。



今日のドームはどんな感じだったのでしょうか?
しばらくネット難民状態でしたので、少し覘き歩いてみましょう。
[PR]
by janometei | 2007-01-21 23:47 | 蛇乃目亭notes
ちょっと驚いたこと
日曜の夜、録画したビデオを観ていました。
スカパーのTBSチャンネルでやっていた 美空ひばりの番組。
放映日は1989年で、亡くなる半年前の収録だったようです。

司会は堺正章。ゲストに森繁久彌、森光子、尾崎将司。

美空ひばりの声が さすがに艶も無く カスれ気味だったとか、それでも あの存在感とパフォーマンスは唯一無二のものである とか、そういう事も書きたいのですが、今日は違ったことを。



ゲストの森光子が番組中に言い放った ひとこと。




「・・・・敗戦後のドタバタで・・・・」





一瞬、耳を疑いましたね。
今でこそ「敗戦」か「終戦」か ということが、普通に 至るところで話されていますが、89年当時は、それほど人々の間では話題になるようなテーマではなかったように思います。って言うか、一種のタブーだったようにさえ認識していましたよ。口にするのは、一部の どちらかと言うと “左側” の人達くらいで。
8月15日は「敗戦記念日」ではなく「終戦記念日」ですし、「占領軍」は「進駐軍」ですし。


それを、当時の民放のTV番組で、しかも昭和を代表する天下無敵の美空ひばりの番組で、あっさりと「敗戦」と言っちゃう森光子。モチロン戦争を経験したお方です。恐らくご本人は 何の意識も無く 普通に話しをしていたのでしょう。でも だからこそ、何とも言えず胸に突き刺さります。


こういう歴史認識(本人にしてみると、普通の “生活感覚” かも)を身に付けているという凄さ。僕のような 甘ちゃんのボンヤリ人間が のこのこと目の前に立った瞬間、一太刀にてバッサリと斬り捨てられてしまうような鋭さ。それでいて、ニコニコ笑っている姿。

う~~~ん。これぞ芸能人。
感服いたしました。
[PR]
by janometei | 2007-01-16 22:18 | 蛇乃目亭notes
あ、
のんびりした お正月らしいお正月を過ごしなおすようになって二年目。
今年はHDD内に残ったまま観ていなかったVTRを色々消化していました。
寒の入りを過ぎても比較的時間があったので、
と言いますか、土曜なのにコンサの試合が無いので どーしていーか分からず、
一昨日の夜もやはり HDDの消化を楽しんでおりました。

観たのは8月に録画したまま 何故か観ていなかったウルフルズのライブ。
2006年の6/24に名古屋で行なわれたものなんですが、これがなかなか良かった。
元々大好きなバンドなので、「いいなあ」と思うのも当然と言えば当然。
じゃあ 何で 今まで観てなかったの? と言われれば、返す言葉もございませんが。

しかも もうひとつ 返す言葉が無いのが、
去年の3月に新譜が出ていたことを全然知らなかったということ。

いやもう、CDショップに足を運ぶこともほとんど無くなったし、音楽雑誌も買わなくなったし、
スカパーも「Jリーグパック」のみの契約にしたし、TVはあんまり観ないし、
新しい情報がなかなか入ってこないんですよねえ。
これが 歳をとる ってことなのでしょうか?



その名古屋でのライブ。
新譜からの曲を含めて、随分と “先祖がえり” をしたような感じを受けました。
いや、新譜ったって もう既に 一年前くらいの話しなんですけどね。

突然『Big Chief』をカバーしたりなんかして、観客の半分以上が「???」な感じで、
それでもカラダ揺すって 無理矢理ノッっているように見えて ちょっと可笑しかったのですが、
彼らをよく知っているファンならば、ニューオーリーンズ系の有名どころは押さえているはず。
きっと僕の思い込みなのでしょう。
・・・ああ、でもやっぱり半分は知らないか。
モチロンそれで全然構わないワケで、純粋にその場でその曲自体を楽しめばイイですし、
そこから 後で調べて楽しみを広げてもイイですし、楽しくなきゃ楽しくないで、
『バンザイ!』演るのを待って盛り上がってもイイですし、みんな それぞれ でね。

それから新譜に入っているらしい『いやんなる』という曲。
これはどうにも『悲しき夏バテ』を彷彿させます。
トータス松本が 実はとっても “布谷文夫臭” のするシンガーだというのは
メジャーデビューの頃から一部で言われていたことでもありますし、
音楽的背景を考えても 充分に「そりゃそーだ」なワケで、驚くようなことではナイアガラ。


そんなこんなで、比較的新譜の アルバム『you 』。
買おうか買うまいか。財布と相談しながら。
いっそレンタルしてしまおうか。ポリシーを変えてでも。
[PR]
by janometei | 2007-01-08 20:59 | 蛇乃目亭notes
いいなあ、これ
昨日、帰省がてら ナス夫妻宅にお邪魔しました。
たいした話しもせず、何となく一緒に谷高の試合を観て、
何となく 「んじゃ また」 なんて感じで帰るワケなんですが、
この「何となく」が、友達同士の “イイ感じ” なんですよねえ。

まあ、そんな話しはさておき、ふたつほどイイものを見せてもらいました。

ひとつは、僕が録画できずに見ていなかった 甲府とのPK戦。
これで驚いたのが、コンサの選手はみんなニコニコ笑いながら闘っていたんですねえ。
モチロン、優也を除いて。
一方の新潟は、みんな思い詰めた表情。
そして あの結果。
少しだけ、去年のパリーグ・プレーオフでのファイターズとホークスの戦いを思い出しました。
ファイターズの笑顔の発生源は新庄でしたけど、コンサは何だったのでしょう?
ちょっと興味があります。


もうひとつが、ナス夫妻が甲府戦に向けて JALのツアー便に乗った時にもらったというモノ。
d0018664_21133620.jpg

大きさは 手のひらサイズなんですけど、嬉しさは 特大サイズですよ。
何つったって、「優勝記念」ですからねえ。「初夢」と書いてはあるものの。

HFCも、ほんの少し機転をきかせて、「優勝残念Tシャツ」とか作ればイイのになあ。
サイズや色を含めて バイ・オーダーでもいーからさあ。
1,000枚くらいは売れるんじゃないの?
[PR]
by janometei | 2007-01-04 21:22 | 蛇乃目亭notes
謹賀新年
2007年1月1日

新年あけましておめでとうございます。

一昨年は 人生のひとつの転換の年でした。

昨年は 社会人としての本格的なリスタートの年でした。

今年は 一人前のプロとして現場に立てるよう精進いたします。

あと数日で 「不惑」を迎えます。

幸い今は 技術的な事以外で惑うことがありません。

今年もマイペースで参ります。

このブログも、数少ない読者の方々と自分に向けて、

「広がりを求めない」 というか 「広がらないことを求める」 という

どっちかと言うと ブログ本来の目的とは逆方向のスタンスで、

変わらず参りたいと思います。

また一年 よろしくお願いいたします m(__)m
[PR]
by janometei | 2007-01-01 11:38 | 蛇乃目亭notes