AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
友人達のメロディー
<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
すまなんだ
先日、某リサイクルショップに 不用品を売りに行きました。捨ててしまったモノも色々あったのですが、カネになりそうなモノだけ取っておいて、それらを持って行ったのです。
郊外にあるそのリサイクルショップ。店内に入り、レジカウンターの中を見ると、やはり誰かが持ち込んだモノを査定しているような素振りのお兄ちゃんがいました。

「もしかして お前が査定してるのか?」

内心そう思った僕は、密かに ほくそ笑みました。「これはイケる」と。




「これ見てもらいたいんですけど」



にこやかにスタッフに話しかける僕。
イイ人の振りをしながら、腹の中は真っ黒。



「わかりました。この番号札をお持ちになって お待ち下さい」

にこやかに応対してくれるスタッフ。
まあ、何がどうなっても、彼の給料には直接影響はしまい。


僕の持ち込んだ品の目玉は、二枚のダウンジャケット。
ブランドは、アウトドアブランドの「北面」と、ワークブランドの「車心」。

査定が終わったようで、店内放送で番号札を呼ばれ、カウンターに向かいました。

スタッフ 「このような値段になりました」
ルンバ 「ええー、やっぱ、こんなモンなの?」
スタッフ 「いやあー、そうですねえー、はいー・・・・」
ルンダ 「まあ しょーがないか・・・そうだよねえ・・・・」


一応、にこやかにションボリしてみせたものの、査定表の中のダウンジャケットの値段は、
両方とも 各「¥2,500」。

実はガッツポーズですよ。内心大笑いです。
「車心」は 当時努めていた会社の関連店舗で安くして 約¥5,900で買った物。
そして「北面」に至っては、某カジュアルショップの閉店セールで、
そこの店長に勧められて 付き合いで¥5,000で買った・・・・









・・・・パチモンです。



いや、もちろん、「パチモンだけど どう?」とかいう会話はありませんでしたよ。
ニセモノの売買をしている というやりとりは全くありませんし、
その手の言葉は一切口にしていないはず。
どこから見ても 普通の商品の売買の会話です。傍で聞いていても。


店長 「ルンバさん、このダウン、買いません?」(ニヤニヤ)
ルンバ 「え?北面?」
店長 「ええ。元の値段は¥39,800」(ニヤニヤ)
ルンバ 「で、なんぼになんの?」
店長 「閉店セールなので半額なんスけど、下代(仕入値)でいいッスよ」(ニヤニヤ)
ルンバ 「おお。で?」
店長 「¥5,000」(ニヤニヤ)
ルンバ 「¥5,000?」(ニヤニヤ)
店長 「そう。¥5,000」(ニヤニヤ)
ルンバ 「それって何、下代が¥5,000なの?」(ニヤニヤ)
店長 「はい。実は僕も買いました」(ニヤニヤ)
ルンバ 「¥5,000で入ってくる(仕入れる)北面?」(ニヤニヤ)
店長 「そーなんスよ」(ニヤニヤ)

こんな感じです。
もう5年くらい前の話しでしょうか。

買ったそのダウンは 何度か着たのですが、暖かいのは暖かいものの、
羽が出て来て出て来て どーしよーもないのですよ。
ニットの上に着た日にゃ、抜けて出て来た羽にまみれてしまって、水鳥に変身です。
サスガですね。

で、どーしよーもないので、キレイにして、持って行ったら、
マヌケそうな(スマン)お兄ちゃんが イイ値段を付けてくれたのです。
ま、本来なら¥500か、いートコ¥1,000でしょうか。

いやあ、ホント、申し訳ナイっす。
お陰様で今月のお米代ができました。
感謝いたします m(__)m


でも、やっぱりゴメンね。
もう しないからね。(もう、そんなものは無いし)

・・・・でも、えらく セコイ話しですなあ。
[PR]
by janometei | 2006-11-27 23:33 | 蛇乃目亭notes
何でこんなに嬉しいんだろ
先週の土曜日(2006.11.18)の『北海道新聞/朝刊』からスキャンしたものです。
この作者:堀川真さん。実は僕の大学の先輩です。
う~ん、正確な言い方ではありませんねえ。
学部や研究室やサークルで直接関わりあった人ではなく、
僕の先輩を介して知り合った人なのです。

当時から 絵は上手かったですねえ。
牛乳ビンなんかに 絵の具でパパパーっと描くと、
それがもう あっという間に素敵なインテリアになっちゃうんですよ。
「そんな才能、ズルイ!」
とさえ思いましたっけ(笑)

色々な苦労をされたことは想像に難くありません。
今は全くの音信不通ですが、その生き方に感銘し、尊敬し、
そしてやっぱり “陰ながら”応援いたします。
いつの日か二人で会って、笑いながら話しができれば。
なんて思っています。

d0018664_23102650.jpg

[PR]
by janometei | 2006-11-25 23:11 | 蛇乃目亭notes
(備忘録)
11/19(日):
西岡公園をブラついていると、どこからか 「コンコンコンコン」という音が聞こえる。
遠くで何かの工事をしているようだが、その音とは違う。
「これは・・・」
耳を澄まして音の在りかを探していると、やはり、キツツキだった。
体に緑色があったのでヤマゲラかな?
キツツキを見るなんて もう 10年以上も無かったなあ。いや、20年以上か?
随分と得をしたような気分になった。


11/21(火):
帰宅後、ビデオでU21の日韓戦を見る。
あまり面白くなかった。みんなコンディションが悪かったのかな?
気になったのは ゴールを決めた増田。
いや、昨日の増田だけではなく、日本人、特に若い層に対して よく感じるんだけど。
ゴールを決めたら、もっと喜びを爆発させた方がいーんじゃないか?
ってか、そーしなきゃ ダメなんじゃないか?
そこが 色々な悪い部分の象徴のような気がする。


11/22(水):
柳下監督が今期限りで退任。
語弊があるかもしれないけれど、退任で良かったと思う。
やっぱり僕はヤンツーが好きだし、足りない部分はたくさんあるだろうけれども、
それでも若手育成に関しては 素晴らしい監督だと今でも思う。
だけど、公約を果たせなかった以上は 次は無い。当然だ。
一年目・二年目は成功。
三年目は失敗。
失敗したので、マスコミは 何かとマイナス面を引っ張り出して書き連ねるだろう。
まあ、それは そーゆーモンなので 仕方ないのだけれども、
ヤンツーの残した功績はキチンと評価をして欲しい。

今年の采配に関しては疑問が多々あって、納得行かないことが随分あった。
岡田の件に限らず、理解不能なことが。
でも、3年間をトータルで見て、やっぱり感謝の気持ちが大きいなあ。
ありがとう。次も頑張って下さい。

その監督退任をホームゲームの前にしっかり報道に繋げるあたり、
HFCも 商売のやり方が 多少 分かってきたのかな?
[PR]
by janometei | 2006-11-22 22:31 | 蛇乃目亭notes
化身
楽しかったですねえ、先日の代表戦。観たかったサッカーが目の前で繰り広げられたって感じで、実に楽しかった。注文を付けようとすれば幾らでも付けられますが、全体として、「キレイなピッチの上で、論理的な勝利を得た」 とでも言うのでしょうか。試合の3分の2は今野を観てたんですが、とにかく楽しかったです。

そうそう、「コンサドーレここにあり!」 と 少しでもアピールをしたくて、横断幕の代わりに 10周年記念ニットマフラーを目の前に垂らしました。 最前列の特権。
まだビデオは観ていませんが、前半のゴールシーンあたりでは、遠くの方に チョコっと ペロンと 赤いのが見えていたかもしれません。それは僕でした。


さて、そんな 日本代表VS サウジアラビア代表戦の前夜。
kazuaさんと

「明日は何時に行くの?」
「仕事休めたので 開場ちょい後に入って 必勝弁当食べてます」
「俺、オシムにFKを指名されるかもしれないので 今から走ってくる」
「じゃあ、シャミ高松に代わって僕が飛び込みます」

などと しょーもないメールのやり取りをしていました。
すると その間に 一通のメールが入って来ました。
送り主は 僕の彼女です。
楽しみにしていたサッカー観戦を翌日に控え、ややテンパリ気味の僕に宛てた
心暖かい内容です。












「明日ドームに行くんでしょ?












  コンサドーレ勝つとイイね (^^)v」
















・・・違うから (TへT)







気を取り直して、「いやいや、明日はコンサじゃなくて代表の試合なんだ」
と 優しく正すように返信を送った僕。


kazuaさんに報告すると 大笑いをされ、「そーゆー人は大切にすべきだ」 と言われました。
「そんな “天然モノ” 、滅多にお目に掛かれないぞ。ウチなんかさあ・・・」 と。

なるほど。そうか。そう言われてみればそうだ。
U子さん。天下無敵のU子さん。唯一無二。唯我独尊U子さん。
もしかすると その伝説のU子さんと 真っ攻勝負できるような戦力になるかもしれないのだ。

でもなあ、僕が言うのも何ですが、U子さんは なかなかのツワモノだからなあ。
そう簡単に戦って勝てる相手ではないよなあ。
だけど 相手も同じ人間。決して不可能なことではナイはず。
コンサドーレがジェフに勝っちゃうことがあるくらいの世の中なのだ。
必死になって 選手一丸となって戦えば、きっとどこかに勝機はあるはずだ!


そんなことを考えながら、翌日の木曜日、彼女宛に
「昨日は久々に楽しいサッカーで、大満足。お陰で今日は気持ち良く仕事ができた!」
とメールを送りました。マメな振りして。

すると、今朝、返信が来ました。











「良かった良かった。外は寒いけど 心身ともに調子が良さそうだね。












ホント、コンサドーレ さまさまだね!(^-^) 」
















・・・・・だから 違うんだって! ..._| ̄|○





いや、気を落とすのはマチガイか。
「繰り返しは 笑いの基本」
ちゃーんと知ってるようです。生まれながらに。
むしろ喜ぶべき出来事です。


うん。これはイケるかも。


「打倒、U子!」


待っていて下さい。フフフ。
[PR]
by janometei | 2006-11-17 23:19 | 蛇乃目亭notes
何じゃ こりゃあ!
昨夜は かつての職場繋がりの友達5人で飲む約束をしておりました。
悪天候のせいか 予想外にヒマな一日になってしまい、定時の17:00で業務終了。
待ち合わせは20:15。
時間があるので 久し振りにタワレコでも覘いてみようと思い、PIVOTへと足を運びました。
エスカレーターを上がり、いつものように洋楽コーナーでうろうろして、かつてのように 思うがままに5~6枚をジャケ買い なんてことはできないので、試聴コーナーで時間を潰しながら
「イイのは無ぇなあ」なんて ぼんやりしていました。
で、邦楽コーナーに行き、「お」の場所に行きました。
どうせ何も出ていないのは知ってるケド。









あ゛?









買いましたよ。 そりゃあ。 複雑な思いを胸にしながら。

d0018664_2233467.jpg


曲は 何てこたあ ありません。昔の曲です。
アレンジもミックスも 取り立てて新しいものではないようです。

が、しかし、驚いたのは、



d0018664_22375148.jpg



これ、聞いてないッスよ、さくたろうさん。
もう一年 待ちゃあ良かったかな?(^^ゞ

店頭のPOPによると、北海道内では、タワレコPIVOT店のみでの販売とのこと。
その点はラッキー。やはり “縁” があるようです。
二年前なら 同包のTシャツ「3柄×白黒」分で 6セット買ってるトコでしたね。

それにしても、想いは複雑です。
あのウエスタン好きのナイアガラーオヤジギタリストが絡んでますか?
[PR]
by janometei | 2006-11-12 22:50 | 蛇乃目亭notes
オシム家の憂鬱
勝っちゃいましたよ。1-0で。

そもそも

◎相手はナビスコで優勝したばかりのチャンピオン
◎代表には6人も選出されたチーム
◎コンサが目指しているサッカーを 高いレベルで既に実践中
◎スタジアムはアウェイ
◎平日開催で、観客は 5,000人に満たない数
◎サポーターの多くの気持ちは、「必ず勝て!」という野望よりも
  「何とか健闘する姿を見せてね」という ささやかな期待
◎TV放送があると言えども、地上波ではなくBS
◎こんさくたろう外伝の仲間は、“内地組”のみ。

という、我らがコンサドーレにとっては どれをとっても有利な条件ばかりの一戦。
そりゃ負けるワケないよなあ(^_^)


さ、気持ちはノリノリのままで、次、愛媛戦。
ホームゲームで、実力的には “格下” なはずの相手。

・・・・・危ねーなあ。





さて、タイトルの「オシム家」。

『親子二代に渡ってコンサドーレに負けた一族』

として、札幌では永遠に語り継がれることでしょう。



それにしても、
走り続けた西谷、守備をするフッキ、集中し続けた曽田、飛び込む相川、MVPな芳賀。
伝統の5バックが炸裂したものの、攻撃の時には5人・6人と駆け上がる。
他にも盛りだくさんで、ジェフ相手に 走り勝って 守り勝ってしまいました。

こんな試合ができるんなら、『感謝デー』でやってくれ!
というのは、言わない約束。
[PR]
by janometei | 2006-11-09 01:01 | 蛇乃目亭notes