AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
んー
何でかなあ?
あんまり嬉しくないんですよねえ。せっかく勝ったのに。
全然盛り上がんないんですよねえ。せっかく点獲ったのに。

別に一所懸命やった選手や 現地で応援したサポーターの方々の気持ちに
水をさすようなつもりは これっぽっちもありませんヨ...。



ひとつ気になったのが、試合中にヤンツーが
「進也!動くな!」
と言ったら(←TVでも聞こえました)、本当に全然動かなくなっちゃって、
前線でのプレスもやらなくなっちゃって...。

そういう意味じゃないだろーに。
3年一緒にやっててこれかよ、と思いましたね。
ヤンツーが限界なのか 相川が限界なのか。
それとも全然どっちでもなくて、そーゆーもんなのか。
それともそれとも たまたまなのか。

まあ、流れが悪い時は 全部悪いように見えてしまいますからねえ。
僕の気持ち次第で 見え方が変わっているだけのような気もしますし。

あ、GKの佐藤は良かったですね。
枠にシュートを打たれた記憶も無いくらいの試合でしたけど、
何となく存在感があって、判断も良くて。
バカみたいにキック力もありそうですし。


ともかく 勝ったのは良かったし、嬉しくないワケでもないんですけど、
なんかスッキリしないなあ。
[PR]
by janometei | 2006-10-29 21:34 | 蛇乃目亭notes
(備忘録)
実は僕、とあるサークルに入っております。
別に 「壺買ってくれ」とか「前世がどうたら」とか「北方領土を返せ」とか そんなんじゃありません。ご安心下さい。
で、そのサークルの中身はどーでもイイのですが、そこに参加している人たちに向けて MLを使って 『カイロプラクティック通信』 というのを月イチで刊行することになったのです。
今週は日曜からずっとその「VOL.1」を作っていまして、先ほど完成&発信し終えました。
どーにか やっと。いやあ、疲れた疲れた。



そんなワケで 今頃神戸戦を思い出したりしています。
そもそも

◎これで負ければ昇格の可能性が消滅という大事な試合
◎『10周年感謝デー』という記念イベントで 世間の注目度も(比較的)上がる
◎歴代のOBが集まる
◎観客数は今期最多の18,000人
◎同時刻にはファイターズが日本シリーズをやってて、こっちも負けられない
◎そんな「ホームゲーム」である
◎ついでに、スカパー中継は『Jスポーツ』
◎こんさくたろう外伝の仲間も勢揃い

などという、我らがコンサドーレにとっては 何ひとつ有利な条件が無い状況下での一戦。
そりゃ勝てるワケないよなあ(T_T)

気持ちを切り替えて、次、草津戦。
モチベーションを考えても厳しいかもしれないけれど、とにかく明日頑張って!
と思ったら、試合は明後日でした。
(同様のマチガイ、他に一件あり)
[PR]
by janometei | 2006-10-27 23:47 | 蛇乃目亭notes
だめだこりゃ
先ほど家に帰り、開いたPCで色々クリックしていたら こんなのが出て来ました。

そのまま抜粋します。
 23日、日本サッカー協会審判委員会は、2007年国際審判員の候補者28名を発表した。28名の内訳は、国際主審7名、国際副審9名、女子国際主審4名、女子国際副審5名、フットサル国際審判員3名。FIFA(国際サッカー連盟)の承認が得られれば、来年1月1日より正式に国際審判員となる。

 松崎康弘審判委員長は、日本協会としても、次回以降のW杯に向けて国際主審の若返りを図っていくことを明言した。国際主審7名の候補者は、以下の7名。

 松村和彦(43)、西村雄一(34)、家本政明(33)、高山啓義(32)、松尾一(34)、扇谷健司(35)、東城穣(30)(※敬称略)

                                   (スポーツナビ 2006年10月23日)


Jリーグの笛も吹けずに一ヶ月の研修を課せられ、終わった後の現在は香港にこれまた研修に行っている人間が、何故 国際主審に推薦されるのか?
そもそも

「研修は積極的に立ち直らせるためで、1カ月後に適性を判断する」(by松崎審判委員長)

とか言っていたはず。
まさか研修後 一度もJで笛を吹かせないうちに 適正を判断できたとでも言うのか?
“結論ありき”の謹慎(研修)なんて、馬鹿政治家とおんなじ。




この クサレ協会め!

俺たちに 楽しいサッカーを返せ!!
[PR]
by janometei | 2006-10-24 22:18 | 蛇乃目亭notes
for すがさん
すがさんのブログへ書こうとしたコメントが長くなりましたので、こっちに書きます。
短くひと言だけ と思ったのですが、どーしてもチョットだけ長くなってしまいます。
国語力の無さなのでしょうか?


さて、すがさんの言う 「お手本不在」は、まったく同感です。
例えば石井の成長。
これは フッキと相川の良い部分をお手本にしている面が多々あると感じます。
フッキの強引さ・ゴールへ向かう姿勢・“オレオレ”体質。
相川の献身さと 一発裏を狙う姿勢。
悪くとれば悪くなってしまいますが、良くとればプラスになります。
石井は そこをプラスにしたのでしょう。
残念なのは、フッキと相川のお手本がいなかったこと。
ちなみに石井は、どうもマジメ過ぎるようなので、
清野の不真面目さを 少しだけ見習ってもイイのかもしれません。
あくまで 少しだけ。くれぐれも 少しだけ。
私生活は ダメです。きっと。見習っては。

大塚に関しては“必要論者”の僕も これまた同感です。
大塚がスーパーな選手だとは勿論思いません。
普通の、しっかりした選手で、今のコンサの中では スキルはトップクラスである、でもJ1の上位チームでは必ずしも必要とはされない 年俸1,000万前後(←ホントの金額は不明)の選手、
なのだと思います。
だけど、例えば今期 本来持っている能力を発揮してイイ仕事をしている砂川。
彼の活躍は 大塚抜きでは考えられないでしょう。
キャプテンシーは、無いとは感じませんが、周りが甘ちゃん揃いの中では力不足かな。
どうしても 代表での中田ヒデとダブって見えます。
今のコンサならば、すがさんの言うとおり 本当にチカラのあるキャプテンが必要ですね。
スーパーな選手は獲れないでしょうから、元スーパーな選手でもいれば。

色々書きたい事は山ほどありますが、天皇杯が終わってからにしようかと思います。
3月の時点で 自分のブログに書いたことの検証もしたいですし。
(自分の中での解答は もう出てますケドねえ)
[PR]
by janometei | 2006-10-22 22:10 | 蛇乃目亭notes
言ってはイケナイ・・・・が・・・・
今日の 対横浜FC戦。
正直言いまして、開始前から 「別に勝たなくても・・・」 なんて思っちゃっていました。
一所懸命に試合をしている選手・監督・スタッフ その他の皆さん
& 現地に駆けつけ 必死に応援している さくたろうさんや すがさんや A2さんをはじめとする サポーターの皆さま(いくらなんでも今日はナスは行ってないだろ)には
全くもって大変に申し訳ないのですが、やっぱり そう思っちゃいました。

「別に・・・」 どころか、むしろ・・・・。
いや、そこまでは やっぱり 口には出すまい。

だってねえ、そーすればねえ、土曜日に岡田が見られる可能性が
少しでも上がるじゃありませんか・・・。


でも、スンマセンでしたm(__)m

その分 土曜日頑張れ!!



あ、試合はまだ観ていません。
先に、昨日行なわれた『スフィアリーグ』を観なくては。
小島くるみを観なくては。
[PR]
by janometei | 2006-10-18 22:08 | 蛇乃目亭notes
これも嬉しい事実
数ヶ月前の『山下達郎 サンデーソングブック』で、リスナーから『Fly Me to the Moon』に関する質問がありました。そのハガキには「某アニメでも使われ・・・云々」ということも書いてあり、それを聞きながら僕は「某アニメって、エヴァじゃん。隠すことないのに」なんて思っていたところ、ハガキを読み終えた達郎が「(“某アニメ”を指して)エヴァンゲリオンですね」と、軽~くコメントしました。
その言い方で、「え?達郎って、もしかして エヴァ観てたのかな?」と感じました。知識として知っているっていう言い方じゃなかったんですよ。

実は僕、『エヴァンゲリオン』大好きでして、ビデオも全巻持ってたりします。
年齢的には、僕らは「チョット違う」感が一般的ではあるものの、実は制作側の人間はほぼ同年代で、アニメで育った同感覚の人たちの手によるものでしたので、僕らの年代がのめり込んでも決して不自然ではナイとも言えるものなのです。

長い間 達郎ファンをしていると、ご当人の趣味嗜好・指向・志向・思考がある程度想像できますので、『エヴァ』は達郎が好きそうだというのは想像に難くはないのですが、やっぱり年齢的には、「?」 というものを感じてしまいます。



で、先日届いた達郎ファンクラブの会報誌最新版に 本人のこんな談話が載っていました。

「全くの偶然で テレビでやっている時に、たまたま家にいて、なんとなく観ていた。そしたらだんだん、何だこれ!?って思ってきてさ。テレビアニメで映画館まで追っかけて観に行ったのはエヴァくらいだよ」


おおおお! そーかそーか、やっぱり そーだったのか。

僕も最初は偶然に近い形でした。
初めて観たのは再放送で。世間で流行って大騒ぎになり始めた少し後。
仕事から帰って来て、たまたまつけたTV。確か23:30だったか24:30だったか、そのくらいからの放送で、コンビニで買った晩ゴハンを食べながら やっぱり “なんとなく” 観ていた記憶があります。偶然と言っても 少なからず自分の意思も入ってはいました。遅くなってヘロヘロで思考力も低下していた状態で、
「世間(のオタク連中)が熱狂しているエヴァンゲリオンなるものを 俺も観てみむとて観るなり」
とか思ったのですよ。

それまではどちらかと言うと避けてましたからね、『エヴァ』を。
あんなもの、メガネかけて ニキビいっぱいで 顔色の悪い 風呂にも入らず臭くて臭くて 長く伸びた髪もセルフオイルでギトギトで 人の目を真っ直ぐに見られないような連中が見るものだ と思っていましたから。街で見かける『エヴァ』のキャラクターも、どう見てもロリコン対象のそれっぽいですし。見下してさえいましたよ。
(人様の趣味を見下すなんて、当時の僕らしいですけど)

いくらアニメで育ったとはいえ、ここはもう自分が関わるものではない。そう思っていました。
ところが 観始めたら これが面白いの何の。まさに「なんじゃ ごりゃあ?」です。
達郎がたまたま観たのは7話か8話だったそうですが、僕は第19話でした。覚醒したエヴァが使徒を食っちゃうシーンでは震えが来ましたよ。



『エヴァ』のことを語りだすと、これはもう終わらなくなってしまいそうですので止めときますが、
自分がファンであるところの達郎が 自分の好きなアニメを同じようなきっかけで好きになったという事実。たったそれだけのことなんですけれど、とっても嬉しいものです。

大滝詠一は?
ああ、絶対にハマりませんね。日本映画のone of themとしては観るかもしれませんが。
ま、大滝詠一は「安芸乃島好き」という点で一致しているので そこで満足ですよ。
[PR]
by janometei | 2006-10-15 20:12 | 蛇乃目亭notes
?!!??!!!
d0018664_21463578.jpg

                                        誕像日:2006年10月9日

昨日は仕事が休みでしたので、昼近くから平岡公園に行って 散歩したりオニギリ食べたりして のんびり休日を楽しんでおりました。
公園の中は紅葉はまだなものの 秋の気配がプンプンしてまして、シオレた植物や 死にそうなトノサマバッタや 死にそうなアカトンボや 干からびたミミズなんかがいっぱいいました。

元気なものもいっぱいいまして、その中に 何年振りかで見かけたカナチョロもいましたよ。
あの イモリやヤモリの親戚みたいな トカゲの子分みたいなやつです。
(“カナチョロ” は正式名称なのでしょうか? “カナヘビ” とかいう地域もあるんですよねえ)
計3匹も見ちゃいました。すっごく得した気分でした。

それから、思わず驚いて写真を撮ったのが 上のやつ。これは毛虫です。
体長6cmくらい。角のようなものが生えてる方がお尻のようです。
とにかく蛍光色でキレイなのなんの。これは大きくなったら何になるのでしょうか?
意外とベージュ一色だけの 地味~な蛾なんかになっちゃうのでしょうか?
このまま20cmくらいに成長されても それはそれでとっても気持ち悪いような気もしますので ゼヒやめてもらいたいのですが、このキレイさは どこかに残しておいてもらいたいですねえ。

そうそう、駐車場の近くでは見たくないものも見てしまいました。
ってか、落ち葉に半分くらいその姿が隠れていて、危うく踏むところだったのです。
・・・・ネズミの死骸。 ・・・・・・良かった。 ホン っトに良かった、踏まなくて。

自然には 美しさと背中合わせで 危険もいっぱいなのです。
[PR]
by janometei | 2006-10-10 22:07 | 娑婆駄馬写真館
ディック・フライ
d0018664_2222665.jpg

                                        誕像日:2006年10月9日

今は どこで何をしているのでしょうか?ディック・フライ。
そんなこととは関係なく、今日100円ショップで見かけた瞬間に 「ああ!」 と思ったので
つい買ってしまいました。この写真を載せたいが為に。ただそれだけの為に。

                                 ・・・dedicated to 『外伝Web Log』
[PR]
by janometei | 2006-10-09 22:30 | 娑婆駄馬写真館
今だ。
今日の天皇杯の試合で、程度はわかりませんが 加賀が怪我をしたようです。
加賀の怪我というのは チームにとっても僕たちサポーターにとっても悲しいことです。
が、しかし、もしかして、これはチャンスなのではないでしょうか?
少なくとも 本人はそう思っているでしょう。思ってなきゃ困ります。


ね、岡田くん。


他人の不幸を期待するのは あまり建設的ではないけれども、
落ちているものを拾うのは 決して悪いことではありません。
まあ、僕は 「チームメイトを削ってでも試合に出ようとする」 選手も好きですけどね。

現役時代のラモスも、
「メンバーから外されたら、入っている人間を削ってでも試合に出る」
なんていうような事を言っていたのを覚えているでしょうか?
非道徳的な発言かもしれません。 でも、妙に感動しましたよ、僕は。

ジーコ・ジャパンの時に、代表に呼ばれた長谷部に対して、ポジションがかぶる小野が
合宿であからさまに潰しにかかったという話しがありました。
一般的には 「ケシカラン」「大人気ナイ」「自分に自信が無いんだろう」
なんて事になりそうですけれど、僕はその話しを聞いて 見直しましたね、小野のことを。
さすが、欧州でレギュラー張ってただけのことはあります。

まあ 岡田佑樹という男に それを求めても仕方ないのかもしれません。
「良い・悪い」ではなくて、そもそも そういうタイプではナイのですから。
でも、チャンスには違いありません。 ものにしなきゃ。

オシムが作ろうとしているチームは、ヤンツーが作ろうとしているチームと似ていると思います。
僕が、不評だったガーナ戦を観ても大満足だったのは、だからという気がします。
代表には 現時点ではジェフの選手が多く選ばれていますが、それは、オシムの考えているサッカーを、レベルはどうあれ体現してくれるからでしょう。
やがてチーム全体、選手個々人に オシム・サッカーが浸透すれば、次は レベルの高い個人を代表に選ぶでしょうね。
「噛ませ犬」のような「当座のつなぎ」のようなジェフの選手ですが、当人達もそれは自覚しているでしょう。それでもチャンスには変わりはナイですし。


岡田は、3バックの右ができて 4バックの右もできれば、右サイドのMFもできるわけなので、
そーすると プレーの幅が飛躍的に大きくなります。
そーすると オシムは黙っちゃいませんよ。
そーすると 代表入りも 見えてきちゃいますよ。
実は 言い方を換えると、今年の岡田佑樹の苦難は 「代表入りを目指したトレーニング」なのではないかとさえ思っています。これマジで。
次に岡田が試合に出て、結果を残し始めたらならば、それは代表に ぐっと近づくことになるのです。

今ここで 加賀の怪我というチームの不運を 自分のために生かす。
それができれば、きっと。

夢物語ではナイはず。
[PR]
by janometei | 2006-10-08 22:17 | 蛇乃目亭notes
今日は何の日? ふっ ふ~ぅ
昨日の話しです。
昨日10月1 は、柏原芳恵の誕生日でした。
何故そんなことを知っているかというと、高校生の頃 好きだったからです。はい。
当時は「俺も10/1が誕生日だったらなあ」と思ったりしましたねえ。

好きなアイドルと誕生日が同じだからって 何かが期待できるワケもないんですが、
そこは まあ、高校生ですから。
で、芳恵ちゃんのことはさておき、有名人の誕生日が自分と同じだと、
何だか意味も無く 嬉しい気持ちになりませんか?

今の世の中、有名人の誕生日くらい ネットを探せば いくらでも情報があるだろうと思い、
クリッククリック。
そしたらまあ、あるわあるわ。 なんぼでもあります。

僕の誕生日は1/9なんですが、その日が誕生日だという有名人は、
ジミー・ペイジ、大林宣彦、南佳孝、北海道では割と有名なYASUさん
とまあ、このあたりは知っていました。
(南佳孝は “1/8説” もあり、事実は不明)
ネットで見ると、他にも 宗兄弟、ボーボワール 、岡本 真夜 とかもいるんですねえ。

ちなみに 前日の1/8は さくたろうさんの誕生日です。
同様にネットで見てみると、
小泉 純一郎、真屋 順子、荒木 一郎、阿修羅・原、ブル中野
なんていう面々でした。

生まれた日で、その人の ある程度のキャラクターは決まってしまうのか?
そんな占いみたいなこと、僕にはわかりませんが、
でももしかしたら そーゆーことって あるのではないでしょうか?
上の二例を眺めていると、ふと そんな気になってしまいます。


でも、
1/9生まれに 松鶴家 千とせ 、龍虎、岸部 一徳 なんかがいて、
1/8生まれに エルビス・プレスリー、デビッド・ボウイ、ホーキング博士、落合 信彦
なんかがいるということは内緒です。

[PR]
by janometei | 2006-10-02 22:22 | 蛇乃目亭notes