AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
お詫びして訂正します
先日の飲み会の時に、
「世界バスケの試合では、主審の吹く笛の周波数に反応して電光掲示板の時間がストップする仕組みになっている」
と言いましたが、誤りでした。

正しくは、
「主審が笛を吹いたときに、その息による風圧で何らかのスイッチが入り、電波が飛ぶような仕組みになっていて、それで電光掲示板が反応する」
らしいです。

いずれも、社会人バスケのチームに入っていて、世界バスケのオフィシャルの仕事をヘルプしていた 僕の職場の同僚による情報です。
(その人間が誤情報を流してケシカラン!ということではありません。間違った情報は あくまで それを伝えた僕の責任でございます m(__)m )


ところで、これに関して 笑えるけど笑えないエピソードは、

「笛を吹く息が弱くて、反応しない主審がいる」
「その主審の名前は○○だから、注意するように」

とか、笛によって止まった時計を 再度動かす場合は、主審がズボンのポケットに入れてあるスイッチを押すらしいのですが、

「時計を止めている最中、主審がズボンをククッと直した際に スイッチが入っちゃって、時計が進んじゃった。でも、本人がそれに気付かないでいた。結果、進んだ時間はそのまんま」

とか、

「スイッチを入れるのを忘れたままプレーを再開させちゃった」

とか。

当然、明らかな誤審も数多くあるようです。人間がやるので仕方ありませんがねえ。


そんな『世界バスケ』。
盛り上がっている同僚を横目に、僕は一度もTVすら観ていません。
コヒカ・しのかいブラザーズ、ごめんなさい。
[PR]
by janometei | 2006-08-28 23:18 | 蛇乃目亭notes
なんでかな? ホントに、なんでかな?
kazuaさんのトコにコメントを書こうと思ったのですが、長くなるかもしれないと思い、自分トコに書くことにしました。

昨日の試合に関しては まだ観ていないので分かりませんが、でも想像はつきます。
たぶん同じでしょうから。今までと。

kazuaさんの言うことはよく分かります。まったく同感です。
言い方を換えると、「みんな他人事」 ということでしょうか。
僕にはそう見えます。
守備のときも、攻撃のときも、自分がボールに絡んでいなければ他人事。

味方がクロスを上げて、それに合わせようとする誰かがいて、でもそれで終わり。
その合わせようとする誰かが合わなかったり、シュートのこぼれ球があったりする確率の方が現実的には高いハズなのに、“自分事” として 先を予測したプレーをしない。

相手がクロスを上げて、それに合わせようとする敵FWと競る誰かがいて、でもそれで終わり。
その合わせようとする敵FWにピッタリ合わなかったり、味方が競り合いに負けたりする確率の方が高いかもしれないという時でも、“自分事” として 先を予測したプレーをしない。
(昨日も もしかしてこのパターン?)


「今の俺のプレーエリアにボールが来るとしたら? 今の俺のプレーエリアに相手選手が侵入して来るとしたら? ・・・どんなパターンがあるだろうか?」
「俺が攻撃に絡むには? 俺が守備に絡むには? 」
なんていう予測をしながら動いているのでしょうか?
ピッチ上では、たとえどこにボールがあったとしても、
「今は俺には かんけーねー」
なんていうことは無いハズです。


そんなことは ド素人の僕に言われるまでも無く、選手たちは分かってプレーしているとは思います。実際に、そうしないとサッカーなんてできるハズもないでしょうし、そういうプレーも見ますよ。

問題なのは、それが徹底されないこと。継続されないこと。

特に守備では、今の、 “フラット3” をへなちょこにしたような状態では、リスクに対する予測や仲間同士の連携が命綱なのに。



この「カバーリング」や「お互いの連携」という問題は、一昨年は目をつぶるとしても、
去年からも、ず~~~~~~~~~~っと言われ続けていることです。
なのに、何故?
何故に改善されないの?
誰か おせーて!!
[PR]
by janometei | 2006-08-27 23:33 | 蛇乃目亭notes
負けるな、アイリスオーヤマ!(同意見多数。たぶん)
(あらかじめ断っておきますが、ベガルタ仙台の応援ではありません)


いまさら期待もしていないけれども、どうしてマスコミは こうも馬鹿で無責任なのでしょうか?
シュレッダーで2歳の子供が大怪我をした。確かに気の毒な話しです。
シュレッダーの作り手も、今後のより良い商品開発のため、ユーザーの利益と安全のため、 謙虚な気持ちをもって 改良に努めることが必要でしょう。


しかし、第三者が知ったような顔で、




「まずは、メーカーに責任がありますね」


なんて言うか?




「まずは、親御さんが気を付けて下さい」


じゃないの? 言うとしたら。

マスコミのそーゆー姿勢が、ちまたのウスラバカの脳ミソを 更に腐食するのだぞ?
何が起きても「他人のせいにしちゃおう」 というような発想を助長するのだぞ?
その程度のことも想像できないのか? バカが。


僕が子供の頃も、電動式の鉛筆削りが世に登場して 似たようなことがありました。指を突っ込んで大怪我をするという。
そのケガは、今のシュレッダーによるものよりは遥かに軽症かもしれませんが、言いたいのはそういうことではありません。
僕の周りでは その鉛筆削りでケガをしたという話しは聞いたことがありませんヨ。学校中探してもいなかったでしょう。
だって、周りの人間が注意してましたもん。小さい子がケガしないように。

だいたい そんなんじゃあ、何も売れないんじゃないの?
ハサミだって包丁だってライターだってドライバーだって。どれも大怪我の元だぞ?
それも「メーカーに責任があります」なんて言うのか?

子供が触って危ないものは、手の届かないところ・見えないところにしまっておく。
当たり前のことだろうに。

大人と子供の世界を分けていなさ過ぎ。
親に「子供を守る」という意識が無さ過ぎ。
大人自体に 危機管理能力が無さ過ぎ。

まずはそこから。



仕方なく 謝罪会見をしていたメーカー社長。
怪我をした子供同様に 気の毒です。
[PR]
by janometei | 2006-08-23 23:47 | 蛇乃目亭notes
く ・・・く ・・・
仕事が終わって、帰りの電車の中。
苫小牧へ向かうその車両は、いわゆる“デッキ”があるタイプです。そんな時、中に入るとエアコンが寒いので、どうせ二駅ですし、僕は座席が空いていてもそのデッキに立っていることがほとんどです。
今日もそうでした。

出発間際の20:37。
ギリギリのタイミングで走りこんできた中年サラリーマンが、僕の前に立ちました。ハーハーいいながら汗を拭いています。よくある光景です。スーツ姿で仕事をしたことがない僕から見ると、まったくもって気の毒な光景です。

で、そのおっさん、ひとしきり汗を拭くと、ゴソゴソと鞄の中から扇子を取り出しました。そして、恐らくは僕の目の前でパタパタやると迷惑だと気を遣ったのでしょう、くるりと背を向けてパタパタやり始めました。

「ああ、そんなに気ィ遣わなくていーのに。そんなの 度を越さなきゃお互い様なのに。
でもまあ、いい人なんだなあ」

なんて ほのぼのした気分に浸っていたのもつかの間、


「・・・ん?クサくね?何だか。・・・ん?ワキガ?」


そうです。ワッキーだったのです。そのおっさん。
そのワッキーが背中を向けてパタパタ。
つまりは、烈臭を僕に向かってパタパタと送り続けているワケなのです。


「お、お、おま・・・。 ・・・て、て、てめ・・・」


と思うものの、さすがに気を遣ってもらったことに文句は言えません。
それも「ワキガくせえ!」とは。
いくらka○ua・コ○カの友達の僕でも。


仕方がないので、意気地ナシのようにここで言います。



「おっさん、その気遣い、間違ってるから!




ってか、大迷惑だから!



ハッ!
もしかして、某クラブチームの某スポンサーの刺客だったのかも?

ともかく、僕はひとり静かに 隣の車両に身を移しました。
[PR]
by janometei | 2006-08-22 21:59 | 蛇乃目亭notes
違うんです
一昨日UPした『トラウマ』ですが、話しの対象は「みちのく食品」ではありません。
凄いタイミングだったようですが、「みちのく食品」の件は、外伝掲示板で しのかいさんの書き込みを見るまで全く知りませんでした。
僕自身 とっても驚いております。

僕が言いたかったのは・・・あくまで一般論・・・ということに・・・ならないよなあ。

まあ、知る人ぞ知る、今の僕の仕事に関連している業界の とある企業のことです。
そんなワケで、「みちのく食品」関係の方・「みちのく食品」のことだと思って気分を害された方には 深くお詫び申し上げます。


ただ、結局はこういうことにも繋がるんですよねえ。
クラブ側には できる範囲で ご注意願いたいものです。
自分たちの襟を正すのはモチロンのこと。
[PR]
by janometei | 2006-08-19 21:38 | 蛇乃目亭notes
トラウマ
スポーツクラブがスポンサーを探して契約するときに、
果たしてどこまでその企業なり団体なりを調べるのでしょうか?

事業内容、財務状況、社会的認知度、社会的貢献度、将来性、経営者の人柄、等々。
ちゃんと調べているのでしょうか?
いや、調べようと思っても なかなか難しいものもあるでしょう。
ましてや貧乏クラブにとっては、「カネを出してくれるのならば ヤクザだって大歓迎」
という本音もあるかもしれません。

でもねえ、長い目で見ると それは良くないことなんですがねえ。

分かってても やらざるを得ないのか、分からないでやっているのか。
どっちなんだろう? 後者かな?
分かんねえよなあ、やっぱり。
僕は同じ業界にいるから 色々と問題が見えるけれども、外からじゃあ見えっこナイよなあ。

その昔、UWFが豊田商事をスポンサーにして、無残な結末を迎えたことがあります。
どうにもそのことが僕の中でトラウマになっていて、心配なのです。
[PR]
by janometei | 2006-08-17 21:40 | 蛇乃目亭notes
BALLA BALLA
僕の身辺では どうにも風当たりの悪い大塚(笑)
彼を擁護するわけではありませんが、僕は一貫して「大塚必要説」論者です。今でも変わらず。
動きも悪くないし、判断も悪くないし、顔出しもしている。大塚が悪いように見える時は、むしろDFラインに問題がある。そんな風に感じていました。

で、あんまり言われるので この前の飲み会の前にもビデオを観なおしたりしてみたんですが、感想はおんなじ。どうしても大塚が悪いとは思えないんですよ。そりゃ、悪い時もありますけどね、モチロン。
そのことは 飲み会の時にもチラっと言ったのですが、今日、もう一度ビデオを観なおしました。
今年の4/15のドームでの湘南戦。そして先週の愛媛戦。それから、山形での大塚はどうだったのか ということで、去年の9/14に山形でやった試合(田中康平にゴールされたやつ)。



それで、誰がイイ・悪いというよりも、大塚がフィットし切れていない というのは事実なので、何故フィットしていないのかを考えてみました。

◎山形時代の大塚(2005.9.14)
非常に重要な役割をしていました。ポジショニング、顔出し、攻撃的な球出し、ボール回しの判断とスピード、大事な場面での守備・・・どれも素晴らしい!
特に左サイドバックの内山との関係が最高。右SBの臼井・右サイドの佐々木勇人や、左サイドの本橋ともイイ連携でした。
この辺のことは、昨年の“山形ウオッチャー”ひゅいさんに聞くのが何より的確かもしれませんが、色んな監督が大塚を欲しがったことも改めてよく分かります。

◎今年の勝ち試合での大塚(2006.04.15)
しっかり仕事はしていましたが、「素晴らしい!」と思えるプレーはほとんどありませんでした。逆に「何やってんのよ!」っていうのも無し。でも一試合通して、しっかり仕事はしていました。
試合は4-1での圧勝でしたが、得点シーンは、フッキ・西谷・砂川・加賀の個人技とセットプレーからです。失点は 今や恒例の“札幌型失点”。
この試合で印象に残った選手は、芳賀と加賀。

◎先週の愛媛戦での大塚
イイも悪いもありませんな。見たとおり、全然生きてもいませんが。



◆ 「大塚がフィットし切れない原因」の 僕の結論
①サイドの質の問題
「大塚を獲って札幌のチーム力が上がったなあ」と思えるのは、芳賀や加賀が元気な時です。加賀がどうにも去年のキレを取り戻せず、芳賀が守備に追われて前に出られず しかもバテ気味で、かと言って西谷がいなければ左サイドには何も無し。そんな状態では フィットするとかどうとか言う以前のレベルです。
サイドの質を 高いレベルで保てないことが大きな問題だと感じます。

②DFラインの判断の遅さ
DFがボランチにボールを出すタイミングが遅い。言い方を換えると、ボランチが欲しいタイミングでボールを出さない。なので、相手の選手が大塚をマークに来たり、大塚からのパスコースを消してしまってからのタイミングでパスを出す。これでは活かしようがありません。
大塚は“顔出し”はしっかりやっています。だた、タイミングが合わないのです。
加えて、ラインを押し上げられず、真ん中の曽田がビビッて引き過ぎたりしていると、前に行こうとする大塚との距離が遠くなる一方。

だったら、少し大塚が引いて、DFがもっとゆっくりと出しやすい状況を作る必要があるのではないか?
確かにそれも選択肢のひとつだと思います。
でも、コンサが目指しているサッカーは それでイイのか? もっとDFラインを上げて、全体をコンパクトに保ちながら、早い判断をもって 全員が流動的に動きながら攻撃を仕掛けるのが目標ではないのか?
大塚が合わせるのと 周りが合わせるのと、どちらがいいのか?
これはジーコジャパンで、中田ヒデが周りに合わせるのか 周りがヒデに合わせるのか、という問題と似ているような気がします。
結論は言わずもがな。

但し、現実問題として今のコンサの選手ではそれが無理ならば、時には大塚がもっとムダ走りをして汗をかく必要があるのかもしれません。
「俺は今は必要以上に汗をかくけど、本当は違うんだ。もっと一緒に上のレベルのプレーをしよう!」とプレーで仲間に伝える努力が。
それは足りないと思います。

③FWの動きの質の問題
チームの攻撃がイイ時は、相川か石井が前線でイイ動きをしています。そこに砂川・西谷・芳賀あたりが絡んで、飛び出したり何だり。で、動きが生まれるので、ボランチからのパスも選択肢が増えて、効果的な攻撃が生まれます。
悪い時はそれが無く、ボランチは活きません。大塚だけでなく、智樹や金子にしても。
ロングボール放り込んで、それを跳ね返されて終わりです。
ロングボールも悪くありませんが、それだけでは点が獲れるワケはありません。

④大塚は そもそも攻撃的な選手
僕も第二クールが終わるくらいまで思い違いをしていましたが、大塚は決して守備的な選手ではありません。今のコンサの中では守備力がある方の選手ではありますが、守備力があることと守備的なタイプであることとは違います。これも中田ヒデを見れば良く分かることです。
大塚はそもそも攻撃的なタイプなんです。そこが発展途上のコンサでフィットし切れない原因の一つではないでしょうか?
かと言って、去年のように田畑のワンボランチで、守備と攻撃の役割分担をハッキリ分けて、どちらかというと「ポゼッションサッカーをしたいんだけれども、勝つときは結果的にカウンターサッカー」に戻す というのでは、チョット僕は納得行きません。



大塚が攻撃を遅くしているように見えるのは、「アクション&ムービング」をしようとしても 周りがそれができずに、そこで選択肢が無くなるから。
周りがしっかり動いて、例えば芳賀が「ここに欲しい!」というようなアクションをした時は、しっかりそこに出していますよ。砂川が「いまからあの辺に走るから 出してくれ」という時にはチャンとその辺に出してますよ。

コンサが去年のサッカーに戻すのならば、大塚は自分のプレーを変えなければいけないでしょう。
しかし去年よりも進化したポゼッションサッカーをしようとするのならば、ボールキープができて、ボール奪取ができて、攻撃的なパスを出せる選手を変える必要は 全くありません。
「そうは言っても、今年はとにかく勝たなきゃ」と リアリティに徹するのならば、まずはFWをどうにかするのが先でしょう。(DFはコマが無いからどうしようもないので)


そんなこんなで、僕はあらためて「大塚は必要!」と申し上げておきます。



ところで、前にkazuaさんが僕とのやり取りの中で「“大塚がダメ”というのは、目に見えない部分というか、肌で感じるものなんだ」と言っていました。
う~~~ん。そう言われるとなあ。
僕が2002年に「コンサがバラバラになった原因は、佐藤洋平にある」と思っていて、2003年のシーズンが始まってもやっぱりそう思っていて、そうしたら途中で移籍しちゃったということがありました。本当に洋平に原因があったかどうかはともかく、そのときの僕の感覚と同種類のものなのでしょうか?
そして、kazuaさんのそういう感覚って、もの凄く 鋭いんですよねえ。

でも、そうだとしても、どうにもそれは、繰り返しの例えになりますが、「ジーコジャパンが国内組で仲良くやっていたチームを、中田ヒデが入って来てバラバラにした」っていうのと似てる気がするんですよねえ。
だからと言って 中田が悪いとは誰も思わないでしょう。チームにレベルアップを求めるのならば。中田自身の問題として、他にやり方・言い方・伝え方があるだろうに という事は別として。



単純な問題ではないし、結論は出しようがありませんが、ただ一つ 間違いのないこと。
僕たちの仲間の誰もが感じていること。
それは、

甘いんだヨ!

ってことですね。一部の選手を除いて、何もかも。


d0018664_23312289.jpg
[PR]
by janometei | 2006-08-15 23:42 | 駄馬駄馬ソース(コンサネタ)
僕、バラバラ。
で、愛媛戦。

今日は休みでした。昨日の午後に決まった休み。
それで、社会保険事務所に行ったりなんだり、そのほか所要を足しながら一日を過ごしておりました。
家に戻り、18:00頃から、随分前に録画していて まだ観ていなかった『風の谷のナウシカ』を観始めました。(今更ながらの 初ナウシカです)
19:00頃、試合があるのを思い出し、スカパーへ移りました。
開始後10分くらいで、


「見だぐねえ゛、こったら試合!(怒)」


と思い、も一回ナウシカに戻りました。
面白かったです、ナウシカ。


ナウシカ 観終わっちゃったので、仕方なくスカパーに戻りました。20:35頃でした。
負けてました。
「ふ~~ん。そりゃそーだよなあ」なんて、サポーターらしからぬ態度を一人でとる僕。
それほど悔しくないというのは どーゆーことだ?



試合後のヤンツーコメント。

「巧くないのに巧いと勘違いしてプレーしてる選手がいる。1試合1試合真剣に戦っているとは思えない。下手なのに、まだ一生懸命やっていない。たぶん今日一晩寝たら忘れてしまうのだろう。」


言ったな?オイ。
そんな風に言うんなら、使えよ、次。
巧いと勘違いせず、真剣に闘い、一所懸命にやる選手を。
そうじゃない選手は全員外してくれよ。たとえ戦力が落ちて それで負けてもイイから。



ところで岡田くんよ。
準備はできているのか?
どれだけ俺たちサポーターが期待して待っているのか、知っているのか?
モチベーションが上がるとか上がらないとか、そんなガキみたいなことは関係無いんだぞ。
サッカー選手がサッカーやらなきゃ、もう生きてはいけないんだぞ?
本当に待っているんだ。
田中隼磨が代表に選ばれて、長谷部が代表に選ばれて、俺たちは とことん悔しいんだぞ。
ってゆーか、納得いかないんだよ。心情的に。
「岡田佑樹は奴らに負けない」 と 真剣に思っているんだから。

だから、頼む。頑張ってくれ。
追い込まれたヤンツーだって、実は待っているんだぞ。分かるかい?
な。頑張れ! 頑張ってくれ!!
[PR]
by janometei | 2006-08-11 23:56 | 蛇乃目亭notes
楽しみは いくらでも湧いて来ます
まずは謝ります。ゴメン、三都主。よく点を獲ってくれました。
「ウイングならまだしも、DF登録で、つまりは4バックの左なんてあり得ないだろう。オシムさん、何考えてんの?」
なんて思っていたら、実際には左サイドでした。それならまだ解ります。実際に勝利に貢献しましたし。
それでもやっぱり 好きではありませんがね。三都主のプレーは。僕は。

そんなトリニダード・トバゴ戦。
「トリニタード・ドバコ」なのか「トリニダード・ドバゴ」なのか、結局 未だに調べないと分からない「トリニダード・トバゴ」戦。
観ていて気持ちは良かったですね。みんなやる気マンマンで。
内容は、今の時点で求めたって仕方ありませんから触れませんが、ひとつ感じたことは、
「極力、一対一を避ける戦い方」なんだな ということ。
語弊があるかもしれませんが、ある意味「誤魔化しながら戦う」んだな と。
別に悪いことじゃありません。相手のイイ所を消して 自分たちのイイ所を出して 相手の嫌がることをやる(=弱点を突く)。勝負の世界では常套手段というか王道というか、とにかく“ふつう”のことです。

ジーコは「真っ攻勝負」でした。ブラジリアン蹴球ですからね。日本人・日本サッカーには功罪併せて 色んなものを与えてくれたと思いますね。
でも今度はチョット違う ということですね。誰もが想像していた通りの感じです。

ジーコとオシム。柳下正明と岡田武史。どちらにしても、それぞれのサッカーにはイイ面・悪い面、楽しい面・ツマラナイ面、様々あるでしょう。
これからはオシムのサッカーを楽しんで行きたいと思います。好きですしね。あーゆーの。

それはそうと、今野。
「せっかく・・・」「ガッカリ・・・」「やっぱり・・・」「どうして・・・」
なんていう言葉が次から次へと浮かんできますが、全治三週間という、靭帯を痛めた割には比較的早い復帰予定ですので、切り替えてまた頑張って欲しいです。

だけど今野を見ていると、いつになっても一歩と戦うことができない宮田を連想してしまいます。
めげずに頑張れ今野!
頑張れ日本!
頑張れコンサ!
頑張れコヒカ!
[PR]
by janometei | 2006-08-11 14:07 | 蛇乃目亭notes
おし!
近所にアパートが新築されたせいなのか、頃合いを同じくして、我が家のネット環境が劣悪になってしまいました。
ADSLだからなのかなあ?
ここ3週間くらい かなり繋がりにくくなってしまっています。
ストレスが溜まりますなあ。


まあ、その件は置いといて、ついに選ばれました。


今野!


三都主・坪井以外は納得の人選です。
これから追加もあるようですので、楽しみです!
[PR]
by janometei | 2006-08-04 22:58 | 蛇乃目亭notes