AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29
カテゴリ
友人達のメロディー
<   2004年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
追い風
d0018664_2316371.jpg
 イイ感じだ。
 ここ2年程 気になって仕方が無かった “環境問題” が、目に見えて改善されて来ている。

 民間企業における社員の危機感の煽り方のわかりやすいもののひとつに「リストラ」がある。基本給の減額、各種手当てのカット、賞与のカット、事業部や営業所の統廃合、工場の閉鎖 等々。・・・最たるものは「解雇」。それを受けた当人も 周囲の人間も、当然「何だ?何だ?」と思う。浸かっていたお湯がぬるければぬるい程、急に入れられた熱いお湯に 慌てふためく。僕自身だってそうだ。
 明確な意思のあるリストラは、簡単なようでいて 実はもの凄く難しい。でも それができるレベルになると、その効果は二次曲線を描いて伸びていく。

 去年の最初の頃まではできなかった。しかし、できる予感はあった。
 シーズンオフ。ついに本当の意味でのリストラが始まった。年齢を問わぬ「解雇」。主要ベテラン選手に対する「減額提示」(これが今回の契約更新のポイント。“カネが無いから、必要だけど契約しない” のと “カネが無いけど、必要だから 出せる分だけ出す” のとでは 随分違うからね。特に周囲の選手に対して投げかける意味合いは)。他にも フロント陣の刷新・外国人選手の非雇用(及び通訳の同時解雇)・オリジナルグッズの廃止&徹底した在庫処分...等々。

 ファイターズが来て、新庄が来て、マスコミもミーハー連中も みんなそっちに気を取られている。
 ・・・いいぞいいぞ。特に若手が多い今年のチームにとっては、チヤホヤされずに済む分 選手が変な “勘違い” をしなくて済む。非常に歓迎すべき状況だ。しかもクラブやチームに対しての世間の目は、その運営状況や試合内容、時にはスタッフや選手の立ち居振舞いに関してまでも なかなか厳しくなっている。正に “追い風”。 “逆風” という名の “追い風” だ。
 ただ向かい風が吹いているだけなら クラブもチームもツライだけかもしれないが、そこは ちゃんと我々サポーターが付いているから大丈夫。(と思う)

 中ではリストラ、外では逆風。選手やスタッフにとっては とても苦しい時期だろうが、でも困難に向かって進めば、脚力が付き、精神力が付き、チームに連帯感ができる。確実に力が付くのだ。歯を食いしばって頑張る姿を 僕は見てみたいなあ。

 クラブやチームを取り巻く環境が変わりつつある。我々サポーターは どう変わるべきなのだろう?それとも変わる必要は無いのだろうか? ・・・その答えは、 “風の中”!?

 自分自身がサポーターとして勘違いをしないために 「お金を払ってスタジアムで楽しむ」事を原点にする事が大切かもしれないなあ なんて思っている。
[PR]
by janometei | 2004-02-17 23:09 | 猥鈍駄馬考
京都市内にて
d0018664_2319328.jpg
誕像日:2004年2月6日

 見た事の無い 非常に地味な マクドナルドの外装である。条例により、派手な看板等は許されないらしい。隣りで運転していた先輩が「マックの看板はアカンのに、京都タワーはエエんよなあ?」なんて事を言っていて、反対側奥に見えるそいつを見ながら僕も激しく同意する。
[PR]
by janometei | 2004-02-12 23:17 | 娑婆駄馬写真館
厚別公園陸上競技場
d0018664_23221895.jpg
誕像日:2003年5月5日

 厚別での「コンサvsフロンターレ」戦の開場前の風景。札幌で 子供達が地元クラブチームのレプリカを着て草サッカーをする光景なんて、10年前には想像も付かなかった出来事。僕自身10年前は青森にいたけど、やっぱり想像なんかできた訳がナイ。厚別が好きなのは、試合前と試合後に こうした子供達の姿が見られるから。何ものにも代えられない 素晴らしい“無形財産” だと思うなあ。
[PR]
by janometei | 2004-02-01 23:21 | 娑婆駄馬写真館