AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
カテゴリ
友人達のメロディー
2006年 02月 14日 ( 1 )
時代が変わると面倒なこともあるのですね <其1>
10年以上もDATに録り貯めている山下達郎の『SUNDAY SONG BOOK』。
この宝物をどうしようか ずっと迷っていました。

どうしようかっていうのは、近い将来DATが無くなるであろうから。
少なくとも一般市民レベルでは。
SONYでは既にアフターケアも打ち切ったそうです。(こんな ユーザー無視の体質が ここ数年の業績の悪化を招いていたのでしょうね。今年はヒット商品があったのと ライバル松下が勝手にコケてくれたのもあって、好調らしいですが。でももう僕は 永く使おうと思う時には SONYの商品は買えませんね。恐くて)
このままいくと、僕が今使っている機械が壊れたら、この宝物も 正に「持ち腐れ」になってしまう可能性がありますので、何か別のメディアに移し変える必要があります。
そのメディアを何にするかということと、その手段はどうするか というので迷っておりました。

メディアは CD。これは決めていました。今となってはその容量も決して大きいとは思えず、DVDにしようかとも考えましたが、CDならば比較的どこでも聴けますからね。
それに、これだけ世に普及してしまえば、向こう10年以上は消えはしないでしょうし。
で、悩んだのが、どのようにデータを移行するかということ。

案は
   ①PCに落としてからwaveファイルに変換→CD保存
   ②PCに落としてからMP3ファイルに変換→CD保存
   ③書き込みができる単品CDコンポを買い、ダイレクトにCDへ保存
の三つ。

①は、一回の放送分が約50分ですので、一枚のディスクには一回分しか移せません。700回を数える放送を全て移すには、700枚のディスクが必要。でも、どんなCDプレーヤーでも再生が可能です。
②は、①に比べて10倍くらいのデータが保存可能。ディスク一枚あたり14~15回分の放送を移せます。ただ、MP3対応の機械でなければ再生はできません。
③は、例えばYAMAHAのCDR-HD1500を使えば、上記①②のどちらを選択する事も可能ですし、一度PCに落とすという作業が不要で、とっても楽チンです。ただ、その機械を購入せねばなりません。

やはり どの選択肢も一長一短。
どうしようか....。

以下つづく ←勿体つけているワケじゃありません。長くなるので、書くのが疲れるのです (^^ゞ
[PR]
by janometei | 2006-02-14 22:06 | 蛇乃目亭notes