AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
麻呂はブランド(わっかるかなあ?)
行って参りました、厚別へ。患部側の腕を三角巾で吊りながら。
いつ以来でしょ?厚別。
いやあ、イイ一日でしたね。
しのかいさんと二人で仲良く、アウェイBの真ん中最上段という、かつての指定席。
大切な友人と一緒に大好きなチームを応援できる。それだけでも充分に幸せなことだと、
本当に心からそう思います。贅沢な時間でした。

実は今日のチケットは、一ヶ月以上前にウチの社長からプレゼントされたものなのです。
ある日突然「ルンバ君、これあげるから休んで行っといで」と。恐らくは、僕が去年一年 J1の舞台だったのにも関わらず、「お店にとって最初の一年が大切。自分が好きなものを我慢してでも、すべてをそこに注がなきゃ」と言って “禁コンサ”“禁サッカー” していたので、それで気を遣ってくれたんだと思います。ありがたいことです。

それで、ずっと楽しみにしてました。ドームの何倍も大好きな厚別の開幕ですし。
ところがところが、先日の怪我...。行きたいけど行けるような状況じゃないし、でも行きたいし、でも天気が微妙だし(雨なら完全アウト)時々痛みの波が押し寄せてくるし、でもせっかくだから行きたいし。行くんなら仲間と一緒に行きたいけど、どうなるかわかんないから誰にも連絡できないし。

そんなこんなの葛藤の挙句、今朝の体調と天候を鑑みての レッツ・ゴーでした。
うん。無理やりでも行って良かった。ホント良かった!

ゲームそのものは、まあ、アレですけど、とにかく宮澤を観てひたすら笑ってましたね。
「お前、どこのベテランよ?」
と。 いちいち“老けて”ますよねえ。良くも悪くも。ハーフタイムが終わって西・藤田・岡本・宮澤が一緒にピッチに入って来る際に、身振り手振りで相手に何かを伝え、恐らくは何かを要求して、結果そのメンバーの中心にいたのも宮澤でした。

僕は最初っから老けているプレーヤーもありだと思っています。ただ、それならそれで、もっと極めなきゃ。練習相手が限られる現在の状況では、自分に厳しくあり続けることが大切。「あと一歩、あるいはあと二歩」「もう0.5秒早く」そこのところの反応力まで老けてしまってはフル代表には入れませんね。それは自分で磨けると思いますよ。とにかく頑張れ!


さ、じゃ僕は安静にしてよ。
しのかいさん、どーもでした!
[PR]
by janometei | 2009-05-24 22:44 | 蛇乃目亭notes