AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
友人達のメロディー
ジンクス破りとジンクスと
西京極で勝てなかったというジンクスをついに破りました。もう、意地で。
何だか分かりませんけど、とにかく強いです。

一方で、曽田がPK献上。
こう書くと曽田だけが悪いような印象になってしまいますが、そういう意図ではありません。
曽田のPK献上は、ドームでのヴェルディ戦と厚別の鳥栖戦に続いて3回目かな?
ところがその3試合の結果は、2勝1分け。
こう書くと「負けたくなきゃ曽田にペナエリア内でファウルさせろ」という新しいジンクス誕生みたいな話しになってしまいますが、モチロンそういう “茶化し” でもありません。

(曽田ということではなく)味方のミスを帳消しにすることができてるんですよね。チームとして。これって相当に素晴らしいことですよねえ。そりゃ一体感が生まれるワケです。
ちょっと前までは、誰かがミスをするとモチベーションが下がる、失点するとすぐに下を向く、得点しても喜ばない、そんなチームだったのに。

石屋製菓の問題。いわば身内の不祥事があってすぐの試合で勝ったのも、これは大きいです。三浦監督は「関係ナイ」と立場上言ってますけど、関係ナイわきゃナイです。
そういえば、あの、石水社長が頭を坊主にして厚別のピッチで頭を下げた試合でも 確かコンサは勝ちましたよね。こういうことは、あって欲しくはないことですが、クラブとチームとサポーターに一体感を生みますよね。

一体感。札幌の最大の武器でありながら、どこかに置き忘れてきてしまったもの。
それを取り戻すことができた。
それだけで、やっぱり僕はもう、大満足だったりするのです。


ところで どうしたって心配なのは石屋製菓。
今度は社長が頭を丸めることすらできない雰囲気です。
「そんなことで許されると思ってんのか!カタチだけの反省か!」
なんて言われかねませんからねえ。参りましたねえ。
別に僕が参ることもナイんですけど、どうにも参りました。
[PR]
by janometei | 2007-08-17 01:05 | 蛇乃目亭notes