AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
どうやら
今年は人が代わったようです。


「曽田」の。



一部の人間は知っていることですが、人々から「曽田」「ソダン」と呼ばれ、
けなされ ののしられ 励まされ そして愛されているキャラクター。
実はその中には、“人”が入っています。
ガチャピンや電線マンやドーレ君なんかと同じように。

いや、ゴメンナサイ。
「ガチャピンはガチャピンだい!“人”なんか入ってないやい!」
「電線マンは、遥か遠いニューギニアの火力発電所から来たんだいっ!」
「ドーレ君は、ドーレ君は・・・ドーレ君は・・・・・・」
という よい子の皆さんには 聞きたくない話しだったかもしれません。

世の中には知らない方が幸せなことが たくさんあります。
大人になれば誰だってわかること。
僕だって 子供だったら、「ソダはソダ」だと言い張るでしょう。
しかし悲しいかな事実は一つ。
40歳にもなって そんなことは口にはできません。
現実を見なくてはいけないのです。



春は人事異動の季節。
年度替わりの4月だったり、流通業界では3月だったり、5/21だったり。
TVやラジオの番組改編もあります。
北海道では、冬の間 内地に出稼ぎに行っていた人たちが帰って来たりもします。
色々と世の中が変わる中、「曽田」の “中の人”が代わるのも不思議ではありません。


シーズン当初から怪しいとは思ってたんですよねえ。
あまりにもオカシイですも。
でも、昨日のヒールシュートで確信しましたよ。多いでしょうね、そんな人。


4/22は その辺もしっかり確認したいと思います。


あと HFCへの要望ですが、次の「曽田」を決めるときは、全員で体を張って必死に奪い取ったボールを さりげなく相手にパスするのが好きな人はやめて下さい。
お願いします。
[PR]
by janometei | 2007-04-16 23:41 | 蛇乃目亭notes