AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
これだよ これ!
天皇杯。 vs新潟戦。
恐らく世界中のコンサドーレサポーターが涙を流したことでしょう。
ええ、僕も涙しましたよ、新聞やネットの記事を読んで。
だってVTRは途中で切れててPK戦は観てないんだもん。

でも その前の前後半・そして延長の前後半でも、涙するには充分なものがありました。
涙の理由は、「勝利」という結果だけではナイんですよね。
勝ち負けは相手があることなので、こちらの思い通りになるとは限りません。
が、「一所懸命にやること」「必死に戦うこと」「選手が互いに信頼しあうこと」
「チームが一つにまとまって戦うこと」「サポーターと一体になること」...等は、
相手云々は関係ありません。
しかしながら、相手は関係無いと言いながら、なかなかできなかったのがコンサドーレ。

ここ何年かの間、スタジアムで応援しているとき、何度か(何度も?)選手のミスで失点をしてしまうシーンがありました。
そのたびに 「取り返してやれ!」という言葉を口にしていました。
ミスをしてしまったその選手の為に、みんなで取り返して欲しいという願いを込めて。
でもそれが叶うことは 残念ながらほとんどありませんでした。

昨日。二失点目の優也のアンビリーバボーなミス。一失点目もやはりミス。
このまま負ければ、この選手は終わってしまうかもしれない。そんな危機感さえ覚えました。

それを救ったのが、チームメイトとサポーターでした。
“危機感”は、選手達ももちろん感じていたでしょう。
「ヤバイ。助けなきゃ」
そう思ったのかもしれません。
彼のまだ20歳という年齢が 周りの選手を奮い立たせたのかもしれません。
とにかく 必死の攻撃と必死のディフェンスで、2-2のままPK戦へ突入。


PK戦の前に みんなが「PKで取り返せ」「男になれ」「止めてくれ」「見せ場だぞ」と 声を掛けて励ましたこと。
それに応えて 優也が、何と矢野キショーを止めたこと。そして「サポーターの声援でここに立っていられる。心で感じました」と号泣。

素晴らしいシーンです。
僕も自分でハッキリと分かったのですが、僕が ず~~~~~っと観たかったのは、
実はこういうシーンだったんですね。

「ONE for ALL,ALL for ONE」

仮にPK戦で負けたとしても、サポーターは100%拍手で迎えたことでしょう。
だけど、実際には勝利というプレゼントまで付いてきました。
言うことナシです。

大塚が「この勝利で忘れてはならないのはサポーターの力」と話し、砂川は「僕らがJ1に対抗するには、走って、戦って、守るしかない。一生懸命頑張った結果がJ1相手の2勝だと思う」と胸を張る。

やっとですよ。
やっと、こういう・・・・。
・・・・・嗚呼、またウルウルして来ました(T_T)



昨日の試合を現実的に語ると、相手GKが もう少し経験と能力のある選手だったら、
もしかすると負けていたかもしれません。
(新潟の北野貴之という選手は、実は札大出身なんですね。因縁でしょうか)
だけどもとにかく勝利は勝利。

さあ、次は 僕の得意なユアスタ。行けませんケド(ホントです。たぶん)。
相手は川崎か!と思ったら 何と甲府。これは優也の因縁。
昨日の試合で、一年間必死に練習したって得られないようなものを手にした男の古巣。
きっと また頑張ってくれることでしょう。


ところで甲府よ。お前ら まさか去年の11・23を忘れちゃいまいな?
今お前らがJ1でやっていられるのは 一体誰のお陰か?ってことよ。
「情けは味方、仇は敵なり」と武田信玄も申しておる。
わかっておろうな。
[PR]
by janometei | 2006-12-10 22:17 | 蛇乃目亭notes