AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
友人達のメロディー
これは楽しみ
仕事を終え、家に帰ってすぐに観始めたVTRは、
『EURO2000』のグループリーグ戦 「ポルトガル対イングランド」。

昨夜のW杯の結果を受け、もう、今から胸がドキドキワクワク。
「次は ポルトガルとイングランドかああああ!!」
そう思うと 居ても立ってもいられなくなり、一日中
「帰ったらビデオ観よう。ユーロ2000のアレ。絶対観よう」
なんて思っていました。



前半開始早々に ベッカムのクロスからスコールズのヘッドで先制。
そして18分には またもやベッカムのセンタリングからマクマナマンのゴール。
あっという間に2点のリード。
が、ここからポルトガルが猛反撃。
まずはフィーゴの強烈ミドル炸裂(ラッキーも含む)で 一点を返し、息を吹き返した攻撃陣が、ルイ・コスタの鬼クロスに ピントが鬼ヘッドで合わせてゴール。
何と前半終わって2-2の同点。
後半に入り一進一退を繰り返しながら、個人技に勝るポルトガルがボールを支配し(だからと言ってイングランドが完全に押されていたワケでもありません)、
ついにはルイ・コスタの鬼スルーパスから ヌーノ・ゴメスが見事に蹴り込んで ついに逆転。
結局そのまま 3-2でポルトガルの勝利!



いやあ 面白かった。
何となく僕的には、

ポルトガル・・・・主演:フィーゴ 助演:ルイ・コスタ アシスタント:ヌーノ・ゴメス
イングランド・・・主演:ベッカム 助演:スコールズ アシスタント:オーエン

って感じで、結局前半で交代してしまったオーエンと、決勝点を入れたヌーノ・ゴメスとの差が そのまま試合結果になったような印象があります。




今回のW杯。フィーゴもベッカムもまだ健在。
7番と7番の戦い。
そしてC・ロナウドとルーニーの戦い。
残念ながらデコは出られませんが、かえってイングランドからすると対策を立てづらく、
ポルトガルからすると よりチームが結束することになるとも考えられます。

願わくはポルトガルが勝って、「ポルトガル対ブラジル」もしくは「ポルトガル対スペイン」なんて観たいなあ。



それにしても、しばらく姿が見えないなあと思っていたら、ドイツに行ってたんですねえ。
「ポルトガル対オランダ」なんていう好カードの笛なんか吹いちゃって。
ね、家本くん。
外国人に変装したって 僕の目は誤魔化せません。
[PR]
by janometei | 2006-06-27 00:25 | 蛇乃目亭notes