AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
友人達のメロディー
電線に
スズメが五羽 とまってました。昨日の朝の出来事です。
ここのところ 「姿を消した」 と話題だったスズメ。そう言われれば確かにいなくなったよなあ と不思議に思っていました。
「いない」と思うと それほど気に留めていなかったものでも 随分と気になってしまうもので、毎日毎日外を歩くたびに 「スズメ スズメ・・・」と上を仰いでばかりでした。

その五羽。何だか必要以上にチュンチュンチュンチュン鳴いている感じで、何かを訴えているかのようにさえ聞こえましたね。
「僕たちは帰って来ました!」 とか
「色々ご心配をお掛けしましたが、無事にこうして元気でやっております!」 とか
「森では大変なことが起きているのです。誰か!」 とか言っているようで。
やはり同時に鳴いていたカラスの声には「何だ うるせーなあ」としか思わなかったクセに(^^ゞ

当たり前だったものが 当たり前ではなくなることの淋しさ。喪失感。
過去に幾度となく経験して来たことではありますが、まさかスズメ相手に そんなことを感じるとは思いもしませんでしたね。

それで 今朝はどうかと言いますと、やはり またどこにも見えなくなってしまったのです。
当分 その姿を探すことが習慣になってしまいそうです。
[PR]
by janometei | 2006-04-21 20:06 | 蛇乃目亭notes