AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
友人達のメロディー
ダイエット
一般に、ダイエットするには そこに至るまで(=太るまで)と同じだけの時間を要する と言われます。さもなくば、それなりにカラダに無理を掛けてしまうようです。

ダメになっていくのに要した時間=改善に要する時間。

仕事絡みのことですと、まったくその通りのことを何度も体験したことがあります。自分自身に関しても 他人(他企業)に関しても。

そこで思った野球界。
日本野球機構・高野連・プロアマの関係。野球に関して どのような団体・組織があるのかは全然知らないのですが、どこも どうにもバカばっかし って印象を持ってます。まあ恐らく皆さんそうでしょう。
で、これが治るのかどうか?治すのにはどのような方法があるのか?そしてどのくらいの期間を要するのか?
予想がつくのは、「かなり治療困難」「相当な時間を掛けるか、臓器移植ばりの大手術をするか」ということ。だいだい、基本的に「バカは死ななきゃ治らない」モンですからねえ。
(「バカは死んでも治らない」というのもありますが、どっちが本当なのでしょう?)
実際にプレーしている人たちには気の毒ですが、当面は...。

とは言え、僕にしてみれば 野球界のことはどーでもよくて、本当はサッカー界のことが心配なのです。
日本のサッカー界は、Jリーグができる前は ダイエットしなければいけないほど太ってはいなかったのでしょう。というか 一瞬太ったけど あっという間に栄養失調になったようで。だけどそのお陰で 滋養をつけると同時に ここ10年は体調抜群で元気そのもの。どんどんカラダが大きくなっています。

しかし肥満は目に見えない形で進行したりします。気付かぬうちに内臓に脂肪が付いたり、血液がドロドロになっていたり。手は早いうちに打った方がイイのです。今なら それ程の時間と労力を掛けずとも コンディションの回復ができるはず。
病気に対抗するには、事前の予防と早期発見早期治療が大切です。

実は 結構体質が悪化していること、気付いていますか?ご当人たちは。
[PR]
by janometei | 2006-03-05 22:30 | 蛇乃目亭notes