AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
友人達のメロディー
(無題)
月曜日、久し振りにTVのニュース番組を観ました。『ニュース23』。ライブドア関連のニュースで、政治家たち、特に自民党の連中が どんな顔で喋るのか、それに興味がありまして。
で、その興味があったこととは別に、驚くことに 筑紫哲也と渡辺恒雄の対談コーナーがありました。

ふ~ん。これは面白い。話しの中身はともかく、このシチュエーション自体が面白い。
そう思いながら観ていました。
だって、『朝日ジャーナル』と『読売新聞』 の対談ですよ。今となっては『金曜日』と『読売新聞』ですけど。ほかにも「野党 vs 与党」「左翼 vs 右翼」「毎日 vs 読売」「tbs vs 日テレ」等、色々な対立構造が浮かび上がって来ます。例えるなら「前田 vs 猪木」ってトコかな?

どうしてこんな対談が成立するのか考えたのですが、もしかしたらナベツネはナベツネなりに物凄く 心の底から 真剣に この国を憂いているのではないでしょうか?
好き嫌いは別ですヨ。ただ、きっとナベツネも自分なりの信念を持って 力の限り生きて来たに違いありません。そして 筑紫哲也も同様でしょう。そんな信念の人たちが 相当な危機感を持っている。そんな今だからこそ 対談が成立するのかもしれません。

僕は学生の頃からナベツネが嫌いでした。この対談を面白く観終わったあとの今でも 嫌いです。僕からすると 彼の言動はおろか その存在自体も全否定です。でも、最近はチョットだけ見直しています。

信念を持って生きる。

そこだけは、認めざるを得ない、そして尊敬するに値するものではないかと ノンポリの僕は思ってしまうワケです。

それでもやっぱり、キライなんですけどね。
[PR]
by janometei | 2006-01-25 17:15 | 蛇乃目亭notes