AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
(無題)
こんなことを 人さまの目に付くようなところ、ましてやブログなんかに書いてしまってイイものだろうか という気も激しくするのですが、でも書いてしまいます。



まだ生きてたの?

早く殺せよ。



これ、新聞で宮崎勤のニュースを見た瞬間に思ってしまったことです。
人が人を裁くということ。その結果として、死刑という刑罰をもって 人が人の命を合法的に奪ってしまうということ。これはとっても難しく奥の深い問題で、そのことに対する僕なりの考えや疑問が無い訳ではありません。

だけどそんなことを通り越して、感情的に思ってしまいました。
「まだ死刑になってないのかよ?」
「何やってんだよ」
「精神鑑定なんて どーでもいーから、早く殺せって」
「税金でそいつにメシ食わせてるんだろ? 無駄だからやめてくれ」
なんてふうに。

大阪・池田小学校の事件の時も、「どーでもいーから、早く死刑にしろ」と思いました。
この感覚っていうのは どうなんでしょ? 自分では “ふつうの感覚”、“ふつうの感情” だと思っているんですけど、「もしかして 俺ってヒドイ人間なのかなあ」なんて考えることも チョットだけあります。

「何事も 感情だけで判断したり行動したりするのは良くない。自分自身のことならば その責任は自分に帰って来るので それもイイけど、他人と関わることならば それは良くない」 というのは ある意味常識なのでしょうが、それを越えて 「死んでしまえ」 も、やっぱり当然で それもある意味 “常識” なんじゃないかとも思います。
(何だ、自己弁護かよ)
[PR]
by janometei | 2006-01-18 19:35 | 蛇乃目亭notes