AMATERAS GUMBO
rumba.exblog.jp

STREET CORNER
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
友人達のメロディー
(無題)
昨日 お年玉付き年賀ハガキの当選発表があり、今日の朝刊にその当選番号が載っていました。
去年は結構な高確率で切手シートが当たり、小さな幸せを噛みしめていました。今年はどんなもんでしょう。何枚当たるのかなあ? 学校から帰り、軽くワクワクしながら 手元に届いた年賀状をチェックしてみました。
しかし、



...無い...無い...一枚も、...無い..._| ̄|○

いやはや、たかが切手シートの当たりが無いからって、今週39歳にもなった男が ここまでガッカリすることもナイだろうに。

だけど初めてですヨ。一枚も当たらないなんて。少なくとも大学を卒業して 仕事を始めてからは記憶にありません。

まあ、長い人生、こんなこともあるさ。その分 どこかでイイことがあるさ。
気にしない 気にしない。 気に・・・・・・(´Д⊂)うぅ・・・

くどいようですが、39歳、それなりにガッカリしました。
切手シートが当たろうが当たるまいが、僕のこれからの人生に何の影響もありません。明日の朝ゴハンのおかずにだって影響しません。

別にイイじゃないか! 気を取り直して 元気に行こうヨ!

そう 自分に言い聞かせ、年賀状を片付けながら 何の気なしに 切手シート以外の当選番号と照らし合わせていると、



「6226」



あ、あ、


当たったああああ! 三等おおおお! ゲットおおおお! ヽ(゜ ∀゜)ノ


スゴ~イ! 嬉しいィ~!
四等の切手シートが外れた自分に「これで人生が変わるワケじゃない」なんて言い聞かせていたばかりなのに、三等が当たった途端に「今年の俺は何かが違う」などと急速に前向きな気持ちになってしまいます。
もう一度言いますが、39歳、こう見えて 結構単純です。

さてその年賀状の差出人。実は僕よりも半年ほど早く 同じ会社を退職した先輩です。「今春 再就職を目指しています」と書いてありました。
地元の新潟に帰り、今は恐らく豪雪で大変な思いをしているであろうその先輩に、何だか「お前も色々あんだろ? これで どっかの特産品でも食って、元気出して頑張れ!」と励まされているような気持ちになりました。
感謝感謝。
[PR]
by janometei | 2006-01-16 20:52 | 蛇乃目亭notes